施設で働く看護師が他職種(介護士)とのトラブルで転職を考える理由

みなさんの中には、病院やクリニックに転職するのではなく、老人ホームなど介護施設への転職を検討されている方も少なくないと思います。とても多く求人がだされていますし、近隣で便利な施設も多いと思います。

しかし介護施設では、看護師と介護士とのトラブルが多いといわれることがあり、人間関係が気になって二の足を踏んでいる方もおられるのではないでしょうか。

なぜトラブルになるのでしょうか。トラブルのない施設はないのでしょうか。トラブルの原因を探りながら、施設への転職に失敗しない方法についてお伝えします。

施設に多い「看護師と介護士のトラブル」

介護施設では、看護師と介護士が同じフロアにおいて勤務し、多職種とも協力しながら入居されているお年寄りのお世話にあたります。

共に介護福祉としての目的は同じですが、看護師は主に入居者の健康管理を、介護士は入居者の日常的な生活全般をサポートします。

施設においては、病院とは違い入居者の生活を支えることが大きな目的となります。そのため病気の治療を中心とするのではなく、最期の人生を自分らしく過ごすためにスタッフはどうすればいいのかということを考えなければなりません。医療と福祉の考え方に少し違いがあるのです。

そのため、看護師と介護士が協力して業務を行うには、お互いの役割を認識し、尊重しなければなりません。対等な立場で業務を行うことが、とても大事な現場なのです。

しかし介護士の医療に対する知識には看護師とは大きな差がありますし、時には介護士をサポートしながら業務を行うようにしなければなりません。圧倒的に人数の少ない看護師が、どのように介護士をサポートするかについて、看護師としてのリーダーシップも必要になるのです。

良好な関係を築くには~多職種連携の考え方が大事

看護師は医療職ですので、お年寄りの健康管理のために日々の業務を行います。施設での医療技術は限界がありますが、お年寄りが元気で過ごすことが看護師の役割です。

介護士は、お年寄りの生活を介護の側面から支えています。もちろん元気に過ごすには健康面は大事ですが、お年寄りの性格や考え方、趣味などにも配慮しながら、生活のサポートを行います。

看護師と介護士の考え方には共通的はあるものの、現場では「医療」と「介護」の大きな違いを感じることでしょう。時には治療を優先するか、生活を優先するか、という大きな問題に直面することもあります。

日常的な業務面においても、その考え方の違いによって、小さなトラブルも起こります。少しずつそのトラブルが積み重なることによって、「介護士は医療の知識が少なすぎる!」「看護師は入居者や介護士のことを理解しようとしていない!」と大きなトラブルになってしまいます。

お互いに良好な関係を築くためには、看護師と介護士の密接なコミュニケーションが大事です。専門職の考え方の違いをお互いで理解しながら、現場での業務を進めることができないとお年寄りにとっていい生活場所にはならないでしょう。

看護師と介護士のトラブルで転職する前に

看護師と介護士がトラブルになっている施設の多くは、相互に役割を理解できない体制になっていることがほとんどです。

良好な体制を築くには、まず看護師のリーダー、介護士のリーダーの関係性を深めていく必要があります。

そのために施設を運営している法人自体が、職員の成長を大事にして、入居者の生活の質を向上させることを常に考えていかねばなりません。そのような理解のある法人でなければ、看護師と介護士のトラブルがなくなることはないのです。

もしも現在施設に勤めていて、このようなトラブルによって転職を検討しているのであれば、法人の体制なども見極めるといいでしょう。またこれから施設に転職を検討している人であれば、職員のスキルアップを大事にしている施設を選ぶといいでしょう。

まとめ

看護師と介護士のトラブルは付き物です。学んでいるものが違いますので、考え方に違いがでるのは仕方がないことです。

大事なのはその違いを認識して、お互いの立場を尊重しながら、お互いのいい部分を活かすことができる職場であることが必要であるいうことです。

看護師自身も介護士の考え方を尊重できるように成長しなければなりません。自分自身を活かすことのできる職場に転職してみることも自身の成長につなげる一つです。

自分自身を活かすことのできる職場に転職はこちらから