忙しい朝を快適に乗り切る我が家の3つのルール

こんにちは。
べにおです。

毎朝、私は思っていました。
だれか手伝ってくれる人がいたら・・・
どんなに楽だろう・・・

そんなことを想いながら、自分の支度をしたり、朝食の準備や片付けに追われる日々。

朝食を用意しても、「これは食べたくない」なんて子どもが食べないと、
あっと言う間に時間は過ぎる。
今までは、怒って無理やり食べさせることもあったけれど・・・

このままではいけない!!!

べにおも奮起しました。

「あ。」

子どもの食べたいものを食べさせよう!!

と発想の転換。

もちろん、食べてたいからと言うからお菓子が食事なんてのはNGです。

今までは、何とか食べさせるため、食べないと言われてから作り替えるなんてこともしていましたが・・・

そんなことをしていたら、いくら時間があっても足りない。

ギリギリバタバタ、いらいらの日々でした。

食べ終えた食器を放置した状態で、もうタイムアップなんてこともよくありました。(汗)

我が家は、子どもたちと私の家を出る時間は同じ。
子どもだけでなく、母も家を出るために必死なのです。

今回は、忙しい朝を快適に乗り切る我が家のルールについて書きたいと思います。

忙しい朝を快適に乗り切る我が家のルール

子どもたちの起床時間はAM6時。
家を出る時間は7時15分。

この1時間15分をどう使うかが鍵。

ルールその1
朝起きたら、ランドセルを玄関前にもってくるルール。

ルールその2
自分たちの部屋の机の上、床の上には物を置かないルール。

机の上、床に余計なものが置いてある場合、ごみの日までは仮ゴミ箱の中へ。

週2回の可燃ごみの日まで、仮ゴミ箱に入っていたものは、可燃ごみ日に捨てる約束。
(可燃ごみまでに仮ゴミ箱から出せばセーフ)

何でこんなことを始めたかというと、それは、忘れ物が多かったから。

机の上や、床がごちゃごちゃしていると、学校にもっていくものが分からなくなります。

机の上にお菓子の空袋まで置いてある状態(汗)なんてこともありました。

このルールを設けてからは、忘れ物が劇的に減りました。

朝になって、「今日持っていくアレはどこ?」がなくなりました。

必要なものも、部屋が整頓されているので、イライラが軽減。
健康的です。

そして、朝食。

朝食は、夜のうちに翌朝のメニューについて確認しておくのは私の仕事。
ルールその3
夜のうちに朝は米飯かパンかを決めておくルール
翌朝は、ごはんかパンか。
おかずはどんなものにするかを明確にしておきます。

曜日によって、米飯の日とパンの日を決めていましたが、朝になって子どもが食べたくないということが
続きました。

自分たちが夜に決めたメニューなので、変更しないで食べるのと、朝食が楽しみで早く起きます。
ときには、子どもが自分で食パンをト-スターで焼いて食べていることもありました。

これは嬉しい誤算でした。
他の食べ物を用意する手間もなくなりました。

我が家で流行っている簡単マシュマロパンについて紹介します。
おやつ感覚のパンなので、副菜でハム、卵などのタンパク質と野菜サラダを添えるようにしています。

『マシュマロパン』 レシピ

このマシュマロパンだとテンションが上がって、あっという間に食べてしまいます。

作り方もとっても簡単。

食パンにマシュマロを4つ並べてトースターで3分~5分焼くだけ。マシュマロがふわっと軽く焦げ目がついたら完成です。

マシュマロがふわっと可愛いので、その間に食卓に出すのがポイント。

時間が経つと、しょぼしょぼしわしわになってしまうのでマシュマロがふわぁーっと可愛うちに食べてくださいね。

作り方

1.食パン8枚切りを用意する

2.食パンにマシュマロ4個を乗せる

3.トースターで3~5分、マシュマロが焦げないように様子を見ながら焼く

温かいうちに召し上がれ♫