多忙な看護師「イベントを乗り切るコツ」はコレ


3月3日はお雛祭り。

日々の生活に追われると、なかなかイベントも億劫になりがち。

今日は、「ひな祭りべにおはこう乗り切った」と、べにおが実際に作った

「ひな祭り裏レシピ」についてについて書いちゃいます。

忙しい看護師がイベントを乗り切るコツ

忙しいと、お祝いことって面倒だなって思うことありませんか。
そんな時は、手を抜いても、全力で祝ってあげるのが1番。

べにおも、日々の生活でかなり疲れていたので・・・

今回のひな祭りは、とっても力を抜いて作りました。

いい陽気だったので、外でランチ形式。
公園の写真
外でランチ形式のいいところ

1.ランチ形式にすると、あまりゴージャスでなくても許される。

2.外で食べるスペシャル感で、食事がフォーカスされない。

3.「遊び」のついでの食事。食事があるだけでハッピーな気分になる。

普段、外に出るのはおっくうでも、イベントも兼ねての外出は楽しいもの。

普段なかなか休みの取れない主人も今日はお休み。

久しぶりにイベントを堪能の べにお家でした。

今回のちらし寿司レシピの紹介をします。

お手軽チラシ寿司レシピ

用意するもの

酢飯3合、スーパーのチラシ寿司セット(マグロ、サーモン、タイの刺身、茹でエビ、アナゴ、きゅうり、錦糸たまご入りでした)海苔、桜でんぶ

作り方

1.ご飯が炊けたら、酢飯用の酢をかけてよく混ぜます。この時、米を練らないように、切るように混ぜるのがポイント。(べにおは、ステンレスのボールで作りましたよ)

2.酢飯がさめたら、容器に酢飯を入れる

3.ちらし寿司セットをトッピングで完成♪

ちらし寿司の画像

最後に桜でんぶをのせました。ぐっと春らしくなりました。

ちらし寿司とイチゴの画像
今日は、子ども達の大好きなイチゴも一緒に。練乳を添えて♡

まとめ

大人が気付いた時には、ほぼイチゴは無くなり・・・
子どもたちは、イチゴも沢山食べられて満足気でした。

子どもの笑顔の画像
忙しい看護師。仕事にも全力、家事にも全力では失速してしまいます。
とは言っても大切な子どものイベント、もっとスペシャルに!!!って方には
べにおも愛用している「コープデリ」を試してみるのもいいかもしれませんね。

見た目にも素敵なものが簡単に用意できますよ。

看護師でも、プライベートを大切にしてくださいね。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。