コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命【第3話】あらすじ・ネタバレ

あなたにとって大切なものは何ですか?
命がなくては、何もできない。
では、命よりも大切と思うもの、を手放さなくてはならなくなったとしたら…
あなたはどうしますか?

藍沢耕作(山下智久)も考えさせられていた。

14歳のピアニスト

脳外科に通院する14歳の美少女。
天野奏(田鍋梨々花)は将来を有望されるピアニスト。

才能も、美貌も、兼ね備えた彼女。
周りから見ると非に打ちどころのない少女。
そんな彼女は、脳腫瘍に侵されていた。

手術をすると、ピアノが弾けなくなってしまうかもしれない…
手術をして命を守るか、それとも命よりも大切なピアノを断念するか。
奏は、ピアノをあきらめるのは、受け入れられない。
主治医の深海広紀(安藤政信)はなやんでいた。
父親の承諾サインは 書いてある。
後は 自分がサインするだけ。
承諾書 ピアノの上に置き ピアノに 没頭する 。

藍沢に答えを問うが、藍沢も答えられなかった。

看護師長べにおの感想

ピアノを弾き続ける奏。 失うものがあまりに大きい時 …どうすれば良いのか分からない 。
そんな彼女を見て、 はっきりと 命を優先するべき とはいえない。
かなでが 不安で泣き出した時 もし自分が一緒にいたら…
間違いなく 私も泣いているだろう 。
私にはできることは限られているけれど、奏をハグしてあげたい。

こだわりの料理人

こだわりの料理人緒方博嗣(丸山智巳)が運ばれてきた。
緒方は脊椎に脱臼骨折を負っていた。

料理で使うイワナを釣るために渓流で転落してしまったのだ。
思ったよりも重症な緒方…

そんなケガを負っても、緒方はイワナのことを心配した。
緒方の姿をみて周りにも変化の兆しが…

麻痺で包丁は握れなくなりそうだけど…
「起きちまったことは変えられない 今をどう生きるか だよ」と緒方。

こんな時に、こんな発言できる人いないですよね!!!かっこよすぎます!!
こういう人って、奇跡をおこすんですよね。
「俺はまた包丁を握っている姿が見えるぞーーー」
私にも見えました。

ドクターヘリ謎の物質汚染?

白石恵(新垣結衣)、冴島はるか(比嘉愛未)が乗ったドクターヘリが謎の物質汚染に襲われた、と
連絡が入る。

病院で待つ藍沢らは、ヘリポートや緊急外来を隔離するよう努めた。

藤川一男(浅利陽介)は妊娠している冴島のことを思うと、いてもたってもいられなかった。

シアン化合物の汚染により意識を失うはるか。
目覚めてよかった 藤川先生と赤ちゃんと 3人で 生きていく と決められて よかった ただどうしても考えてしまう 妊娠11週の彼女。
果たしてお腹の赤ちゃんは 健康なのか?? 疑問を抱いてしまうのは私だけ?

私が 以前働いていた病院は 、農家が多かったこともあり、農薬を飲んで 自殺を図る方が多くいらっしゃいました。
命を取り留め…

そんな方のベッドの周りは、 吐物に備えて 新聞紙が 床中に敷き詰められていました。

キャリアも大切

今握っているものを、パッと手放すことは怖い。
ただ、失いそうになってはじめて大切と思えることもある。

今の私が大切なもの…
それは家族。
家族のためなら、看護師は潔くやめる覚悟はある…きっと。
看護師には代わりがいても、家族には代わりがいないから…と思いたい(笑)

看護師はいつでも復帰することができるから(^^)
看護部長にそんなこと言ったら、怒られちゃうかな…

看護師長べにおはこう思う

命と、命よりも大切なものどちらを選ぶ?
究極の選択…
命があっての人生。
生きていれば、大切なものは必ず見つかる。

私の目の前で天国に旅立った方。
幼い子供を置いて旅立った方…
自ら若い命を絶ってしまった方…
いろいろな方と、かかわらせていただいた。

中には苦しさから、命を絶ってしまう方もいる…
そこをあえて私は言いたい!!
生きててなんぼと思う。
それは…
生きたくても生きられなかった方の影響が大きい。
残されたものの苦悩。

死にたくない…
そうだよね。
だから声を大にして言いたい。
生きてほしい!!!

一度きりの人生だもの。
あなたの大切な人のために…

明けない夜はない
人はつらい分、優しくなれる。
私はそう信じたい…