ドクターX第6話ネタバレ未知子と城之内○○で友情にキレツ?

VIP患者から外科副部長・猪又孝(陣内孝則)の手術後にクレームがでた。
困った猪又は、麻酔科医・城之内博美(内田有紀)のミスで手術に時間がかかったことが原因、と城之内
に責任を擦り付けるのだった。
なんの落ち後もない城之内は、抗議するが…
用意周到な猪又に太刀打ちすることができず、「東帝大学病院」への出入を禁止されてしまった。

この一件で、未知子(米倉涼子)はお給料制なのに対して、城之内は歩合制の事実が浮き彫りとなる。
未知子は、自分がいくら手術をしてもお給料が上がらないことに不満。
城之内の目の前で、
「なんで私はいくら手術をしても給料が上がらないの?おかしい!!」
神原 晶(岸部 一徳)に自分も歩合制してほしい。差別だ!!と抗議する未知子。

喧嘩の原因は〇〇

売り言葉に買い言葉。
城之内:「私は、大門さんの身勝手な手術に毎回振り回されてる。振り回される麻酔科医の身にもなってほしい!!!」
「餃子も私が楽しみにしていた餃子も食べたこと許せない」
未知子:「嫌いだから食べないんだと思ってた!!」
城之内:「私は好きなものは最後に残しておくの!!!」
未知子:「それなら今日から先に食べるに変えることね!!!!」

二人の間に火花が散る。

二人は顔を合わせてもお互いあいさつも交わさない程、険悪な状態に。

未知子と城之内がひいきにしている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)の妻・敦子(松金よね子)。
敦子は手術を控え、入院していた。

六浦良夫は、手術を控えている敦子心配させまいと、自分の体調が悪いことを隠しながら敦子を支えていた。
敦子のいないところで、痛みに耐えている、六浦良夫の姿を目撃する未知子。
検査をすると、膵臓に悪性と思われる腫瘍が見つかった。

「夫婦で手術なんて大変ですよね。」CT画像を見ている未知子に話しかける西山 直之(永山 絢斗)。

未知子は妻、敦子の手術を執刀、助手として西山が入ることになった。

〇〇の恨みは怖い??

手術室でも直接会話せず、コミュニケーション不良。
「あの麻酔科医がいるなら、私はオペ致しません。」

未知子はオペ室を出て行ってしまう。
隣では、敦子を手術室に見送った夫、良夫が吐血し、緊急手術となっていた。

敦子の手術は西山に任せられる。
と確信した未知子は、隣の手術室に入っている夫、良夫の手術室に入り、
「私がやる!!!」
執刀していた猪又から手術を奪うのだった。
猪又が手術したら患者は死んでしまう…
周りの医療スタッフは内心そう思っていた。

難しい手術に、苦戦していた猪又。
表向きは未知子との手術の交代を拒むが…

医院長不在の間に問題なんて起こしたら、じき医院長の座が遠のいてしまう。
失敗したら未知子のミスにできる…と怒りながらも、ホッとして手術室を後にする猪又。

「こんな危険な手術はやっていられない!!」
と猪又を支持する麻酔科医も患者を残して退出してしまうのだった。

「私、麻酔もできますので」麻酔薬を調整する未知子。
周りは驚きを隠せなかった。

検査室から、膵臓の腫瘍に悪性所見がないと連絡が入る。

急遽、体の負担の少ない術式に変更するという未知子。
周りはそんなに難しい手術は無茶だと止めるが、そんな言葉には耳を貸さない未知子。

こんな難しい手術に麻酔科医も居ないなんて無理だろうと周りが思ったそのとき…

オペ室の扉が開く。

隣の手術を終えた、城之内が入室してきた。

城之内と未知子が目を合わせてうなずく。
「麻酔管理は、私やります。問題ありません。」と城之内。

未知子の手術を麻酔で支える城之内。
息の合った2人の協力で困難な手術も無事に成功した。

東帝大学病院への出入を禁止されていた城之内だったが、海老名 敬(遠藤 憲一)のお陰で出入り禁止が解除された城之内。
やっぱりパートナーはいい、と言葉には出さないが、再認識する未知子と城之内だった。

元気になり、中華料理店を再開。
店主・六浦良夫と敦子の作る餃子をほおばる城之内と未知子は固いきずなで結ばれていた。

今回のメロン代金は

今回の手術の請求費用は2件で10,000,000円。
晶がメロンをもって、院長室に請求に来る。

猪又は、「こんな高額な料金は払えない」突っぱねるが、
麻酔科医が患者を置いて立ち去ることは「殺人と同じ行為」とその場にいた麻酔科医に迫った。

その場で麻酔科医を首にして、体裁を整える猪又。
猪又から、1千万円を払ってもらう約束を取り付けて、スキップで病院を後にする晶だった。

実は、歩合制よりもお給料性の方が収入がいいことがあることを知った未知子。
「あきらさーん♪私、やっぱりこのままのお給料でいい♪♪」と晶に告げるのだった。

看護師べにおが思ったこと

未知子と城之内は、固い絆で結ばれていました(^^♪
人間ってすごいですよね。息が合ったり、気持ちが通じ合っていると、普段はできないことや、難しいと思うことでも「パッ」っとできてしまうことってあります。
逆に、とても優秀な人達でも、気が合わなかったり、関係が悪いとミスをしてしまうことってありませんか?

べにおは、今までいろいろなミスをしてしまいました。ヒヤリハットも数えきれずに書いてきましたし、目を通してきました。

そこで気づいたことが、コミュニケーションの大切さ。

円滑なコミュニケーションには笑顔のあいさつが一番だそうです。
苦手だな、と思う人には、笑顔で挨拶
ぜひやってみてくださいね♪♪♪

今日も、最後まで読んでいただいてありがとうございました。