コウノトリ2第5話ネタバレ「泣きすぎた」無事に産まれてよかった

サクラ(綾野剛)の外来に診察に定期受診で訪れたのは、27週の妊婦、西山瑞希。
切迫早産のために、外来受診後、入院となった。

同じく、切迫早産で入院している七村ひかるは、3人目の妊娠。
大部屋で1人入院中のため、退屈していた。
切迫早産で入院している妊婦にとって、おなかの赤ちゃんのためにできることは、安静にしていること。

点滴をしながら、ベットの上で安静にしていることが、母親として赤ちゃんにできることなのだ。

妊娠にリスクはつきもの

瑞希は、初めての妊娠。
同じく、切迫早産で入院していたひかると意気投合するのに時間はかからなかった。

体が大きく、「殺し屋?」と囁かせるほど、貫禄がある男が、病室に入ってくる。

男性は、「西山洋菓子店」の店主。
瑞希の夫だった。
瑞希は、夫と2人で「西山洋菓子店」を営んでいた。

ひかるの家族は、子ども二人と夫。
面会に来ると、ひかるの子どもたちは、瑞希のおなかをなでたり、
瑞希の夫の作ったプリンを食べたり、

病室は、笑顔と、幸せで溢れかえっていた。

赤ちゃんはしっかり成長するのは当たり前

入院中も定期的にチェックするエコー検査で、
瑞希のお腹のエコーで心拍が確認できない・・・

心停止。
赤ちゃんは、瑞希のおなかの中で死亡していた。

看護師が、慌ただしく、瑞希のベットを大部屋から個室に移動する。
ひかるは、不思議に思って看護師に瑞希の状態を確認するが、看護師は
「うんちょっどね・・・」理由は教えてもらえない。

赤ちゃんは、元気に生まれてくるのがあたりまえではないんだ・・・

瑞希は、翌日、妊娠促進剤を使って、お腹の中で死亡した赤ちゃんを出産することになった。
普通の赤ちゃんと同じように経腟分娩。
お腹の中で死んでしまった赤ちゃんを産むなんて考えただけでも辛すぎる。

妊娠促進剤を打つ直前、瑞希の思っていた感情が爆発する。

「私のせいですか?」
「私がもっと安静にしていれば…」
「シャワーの回数を減らせばよかったんですか?」
泣きくずれるようにサクラに問うのだった。

助産師、小松(吉田羊)は、声をかける。
「生まれてくる赤ちゃんが死産とわかっていても、くらい出産にしたくない、ともうすぐでてくるよ。」
「もうすぐあかりちゃんに会えるよ。」

絶望の出産から、希望の出産に転じる。

悲しすぎるけれど、笑顔に包まれながらの出産。

出産直後、サクラと小松は夫婦に「出産おめでとう」と声をかけた。

赤ちゃんの名前は「あかり」。

妊娠中に瑞希の夫がつけた名前。

「あかりちゃんにしてあげたいこと。」
「お風呂に入れてあげたり、写真を撮ったり、爪を切って思い出に残してもいい。」
「やりたいことに、うちらは協力する」小松は、瑞希夫婦に声をかけた。

瑞希たちは、あかりを、沐浴(風呂に入れる)をして、葬儀のようにお花を飾った。

大きな四角いケーキには書かれていた「あかりおめでとう。ママありがとう。パパより」
パパの手作りケーキが置かれた。

瑞希は夫に寄り添い、涙を流した。

我が子に障害があったら…

我が子に障害があったら…
一方、3日前に緊急帝王切開した超低出生体重児。
翔太くんは、入院していた。
早期に手術の必要があるが、両親は帝王切開になった過程に納得出来ず、
子どものことをまだ受け入れることが出来ない。

手術の必要性を説明する今橋(大森南朋)に
父親はその必要はない、とその場を離れてしまうのだった。

緊急帝王切開を執刀した下屋(松岡茉優)は悩んでいた。
緊急で、帝王切開しないと、命が危険だった。
緊急カイザーをするべきではなかったのはないか…

サクラと小松が、瑞希夫妻に寄り添う姿をまじかに見る下屋。

自分は翔太君のことしか考えていなかった。
両親の気持ちを置いてきぼりにしていたことに気づいて反省する。

翔太くんの両親に、謝罪の手紙を書くのだった。

数日後、翔太くんの母親が、手術についての説明を聞きたいと病院に現れる。
翔太くんの母は、下屋のことを恨んでなんていないことを、手術に前向きなことを伝えた。

瑞希は、赤ちゃんを産んだことだけを七村ひかるに伝えて、退院した。

「ひかるさん元気な赤ちゃん生んでね!!!」
精一杯の言葉を、かけてその場を後にした。

瑞希と別れた後、ナースステーションから看護師たちの話し声が聞こえてきた。
ひかりは、瑞希が死産で赤ちゃんを産んだことを知り、泣き崩れるのだった。

ひかるは、無事に出産して、自宅では、忙しい日常生活を送っていた。

「ピンポーン」

「ひかるさんおめでとう」とかかれていたメッセージと共に
瑞希から大好きなプリンが自宅に届けられた。

コウノトリをU-NEXT でご覧になりたいかたはこちらをクリック

 

看護師長べにおが思ったこと

患者さんに寄り添う気持ちって大切ですよね。
私は、業務が優先で、患者さんにここまでできないなーと
正直思いました。

やりたくても、現実的には難しい。

ただ、寄り添う声掛けや、気持ちは忘れてはいけないですよね。

医療者のかかわりで、患者さんは気持は、救われます。
ここまで大げさには、できなくても、みんなで知恵を出し合えば、
不可能も可能になりるのではないでようか。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。




————————————————————————
本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
————————————————————————