ドクターX第3話ネタバレ「オペに猛反対」未知子はあくとく医者

大門未知子(米倉涼子)目の前で「東帝大学付属幼稚園」の園長・三鴨寿(平田満)が倒れる。
三鴨は外科副部長・猪又孝(陣内孝則)の患者だった。

「東帝大学病院」へ搬送。
肺の腫瘍を発見した未知子は今すぐに手術を」勧めるが、三鴨は断固として首を縦に振らない。
三鴨は猪又からは、薬(抗がん剤)で腫瘍を小さくしてから手術を勧められていたのだ。

未知子は、手術をかたくなに拒む三鴨を猪又の目の前で、「私ならできる!!」と宣言する。

後日後、治療に疑問をもった三鴨が突如、他院のセカンドオピニオンを希望した。
未知子の属する「名医紹介所」に、三鴨がふらっとやって来る。

「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)は、事情を聴き、「東帝大学病院」の院長・蛭間重勝(西田敏行)を訪ねた
セカンドオピニオンを求めた患者の受け入れに難色を示す蛭間を説き伏せ、三鴨を持ち込み入院させる。

手術の執刀めぐり「未知子VS猪又」

ところが、その執刀医の座をめぐり、未知子と猪又が激突する。
猪又を執刀医に、未知子を第一助手に指名した。
猪又といえば、メンツとプライド。
「自分がなぜ、あのようなバイトと一緒に手術?」と憤憤りを隠せない。
蛭間はある企みを蛭間に囁くのだった。

未知子は、三鴨園長のことが大好きな園児たちに遭遇した。
園児から聞いた“たわいもない言葉が”が、心に引っかかる未知子だった

三鴨園長のことを慕う園児の女の子
「園長先生のお歌が聞きたいのに喉が痛くて歌ってくれない」を考える未知子。

蛭間の陰謀

蛭間は猪又にささやく
「オペに絶対なんてないんだよ。大門未知子でもね」
手術の失敗を未知子に擦り付ける予定の手術…

結局は未知子が患者の命を救った。

珍しい手術の成功を病院の手柄にしたい蛭間医院長。
最初は意地とプライドのために自分がやった手術でないレポートを断る猪俣だったが…
医院長の座をチラつかされ
蛭間医院長の指示に従うしかない猪俣。

成功を大学のものにできるのならば2,000万支払うことをも喜ぶ蛭間。

神原 晶(岸部 一徳)はいつもの通りメロンと交換に小切手を懐にいれスキップで院長室を後にした。

べにおのまとめ

蛭間が誤って出血させてしまい血圧が低下しても、麻酔科医、城之内博美(内田 有紀)が何とかしてくれる。
手術を終えようとしたら助手の大門が原発の癌を摘出してくれる。
何ともオートマチックな手術でした♪♪
毎回高額を稼ぎだす未知子なのに、「名医紹介所」の缶ビールは200円から220円に値上げ
世間はそんなに甘くない…  に「ニヤッ」としてしまったべにおでした。

患者は肺がんが原発でなく原発は甲状腺。
「甲状腺オカルト癌」何とも大ドン伝返し。

患者のことをしっかり見ている未知子、人の話を実はしっかりキャッチしている未知子の圧勝でした。

今日のガムシロップは実際12個ほどと推測しました♪
次回に向けて盛り上がっている「ドクターX2017」次回も見逃せませんよ♪

 

本日も読んでいただいてありがとうございました( ^ω^ )