ドクターX2017「未知子も失敗」これだけは絶対やっちゃダメ

「ドクターX2017」待望の第一話が高視聴率でスタートしました。

MI2(ミッションインポッシブル2)オープニングで、イーサンが断崖絶壁のロッククライミングのシーンは衝撃的でしたよね。
ドクターX2017も衝撃的なロッククライミングシーンからの開始。

その後、温泉での入浴シーン、路線バスでは、未知子と同乗する蛭子能収(エビスヨシカズ)さんとの掛け合いもなかなかでした。
まさに「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を感じさせる登場にワクワクしたのは私だけではありませんよね(^◇^)

急変時これだけは絶対やってはいけない?

路線バスの運転手、車田一久(松澤一之)が心肺停止状態で未知子が救出するシーンがありました。
皆さんはお気づきになりましたか??

実際の医療従事者も実はやりがち。でも、ぐっと我慢して絶対にやってはいけないこと。

未知子は、蛭子能収さんと患者をバスの外にだし、心臓マッサージをしていました。
そこに、車が通りかかります。
未知子は、その車の行く手を阻みます。

「救急車を待てな急患。患者を病院に運んでほしい」

たまたま通りかかった志村まどか新医院長に懇願します。

志村まどかはそんな未知子を振り払い、通り去りました。

仕方なく急患の車田一久のもとに戻り、心臓マッサージを再開しました。

看護師をしていると、かなりの確率で急変に遭遇することがあります。
急変に曹禺するのは多くの場合、自分一人のことがほとんど。

急変患者を目の前に多くの看護師が「大変だ!!どうしよう」と心の中で叫びます。

特に新人から若い看護師がやってしまうミス。

今回はベテラン失敗しない未知子もやってしまいました……

未知子がおこしたミスとは?

未知子は、心臓マッサージをしているときに通りかかった車を止めるためにその場を離れました

急変の時、心臓マッサージをしたら、患者から絶対に離れてはいけなません。
未知子の場合は、蛭子さんに心臓マッサージを依頼しなくてはいけなかった。

蛭子さんは指示されたけれども、何もせずに立っていた…

という場合は少し話は変わってしましますけれど(汗)

心臓マッサージはかなりの体力を消耗します。
急患に遭遇した場合は、まず人を呼ぶことが先決です。

持ち場を守る

病棟の場合は、ナースコールか大声で応援を呼ぶことが、急変患者さんの命を取り留める最良の方法です。
新人看護師さんや、経験年数の浅い方、病棟の雰囲気が悪く、依頼できない環境の場合に起きやすいのが
人を呼ぶために発見看護師がナースステーションや、救急カートを取りに戻ってくること。
患者さんから離れることです!!

自信を持って、先輩や同僚看護師を大きな声で呼んでください。ナースコールを押してください。
道で倒れている人を見つけたら、周りに協力を求めてくださいね♪

未知子は患者さんを救うことができてよかったです。

心臓マッサージは1分間に120回が目安。
「あんなこといいな、できたらいいな♪」

目の前で生死を彷徨っている人不謹慎と思いますが、ドラえもんのメロディー
心で歌いながら行うと、1分に120回の心臓マッサージを行えます。

急変に遭遇したときは、思い出してくださいね。
いまは、AEDが置いてある場所も多いです。

AEDは開けると声でやり方をアナウンスしてくれます。
AEDは心臓が正常に動いていれば、電気を流しません。

安心して、自分の気持ちを冷静に対応してください。

急変は、ベテラン看護師でも頭が真っ白になります。
急変は、頭が真っ白になることが当たり前ですから、勇気を出して積極的にかかわってください。

心臓マッサージによって、肋骨(ろっこつ)が折れることはありますが、躊躇しないで。

心臓マッサージは必ず下が固いところで行う。
下が柔らかいと、効果的な心臓マッサージは出来ません。

この記事で、急変患者さんの命を救える方が誕生したら、私は、これ以上の喜びはありません(^^)
読んでいただいて、ありがとうございました。