「准看護師睡眠導入剤混入事件」についてべにおが考えてみた

千葉県で、准看護師が、同僚の飲み物に睡眠導入剤を入れて逮捕されるという残念な事件がおこりましたね。
ほぼ一人で管理はマズイよね。

事件の概要

千葉県の老人ホームでの出来事。
施設で働く、他職種の同僚の飲み物に、睡眠導入剤の混入した白い液体(薬を液体に溶かしたも)を混入した容疑で准看護師が逮捕された。
以前から不審に思っていた同僚が、一部始終を録画したことで事件が明るみとなった。
以前から、この施設では飲み物を飲んだあと、体調不良を起こすスタッフがいた。

人の命を助ける側の人間が命を奪おうとする行為。
絶対に許されることではありません。
同僚が同じ部屋に居るところで、飲み物の蓋を開けて、溶かした睡眠導入剤を入れるという大胆さ。
他のスタッフと話しながら、どんな気持ちで薬物を入れるのでしょうか?
同僚に容疑者がいたら、怖くてしかたありませんよね。

准看護師としてではなく、人間としてやってはいけないことです。

他の職員も急に体調が悪くなった

体調が悪く、帰宅した別の職員が買える際に車で事故を起こし、亡くなった方もいるようです。
なくなられた方のご遺族がインタビューを受けられていましたが、睡眠導入剤が原因だったらと思うと怒りが収まることはあるのでしょうか?

私が考えたこと

このニュースについては、私の勤務する病院でも話題になりました。
看護師は度胸が必要ですが、これは論外。
考えが浅はかすぎて、ただただ同じ看護職として情けない、の一言でした。

この容疑者、施設に入居されているご老人の薬の管理を1人で管理していたようですね。
入居者の睡眠薬を集めて、同僚に飲ませるなんて本当に恐ろしいことです。
こんな准看護師が1人でも居ると、准看護師の評価が下がるので本当に悲しい気持ちになります。

薬の管理体制についてもずさんだったんでしょうね。

私が働く職場では、薬はしっかり残数管理し、飲ませた看護師が印鑑を押していました。
睡眠薬は鍵のかかる場所に保管して、各勤務帯で残数を確認していました。

私が思う問題点

①薬の管理が1人
②看護師(准看護師)が1人
③薬の管理体制が甘い

准看護師と正看護師の違いって

准看護師と正看護師の違い

准看護師は准看護学校に通い、都道府県知事の認可を受ける。正看護師は厚生労働大臣からの認可を受けた国家資格。
患者さんからみたら同じ看護師でも資格としては違いがあります。

保健師助産師看護師法によると…
准看護師は、医師、歯科医師意外に、看護師の指示も受けるという文字が入っているんですよね。

准看護師のメリットデメリット

准看護師のメリット

何の資格もないよりはお給料がいい点、働きながら学校に通えること、30代から40代の女性には人気のある資格です。
子供を養わなくてはいけないシングルの方や、リストラにあったお父さんが准看護師を目指すケースも珍しいことではありませんでした。
准看護師になってから正看護師になる道もあります。お金を稼ぎながら学ぶには准看護師がおすすめですね。

准看護師のデメリット

実際のところの准看護師も正看護師も業務は同じでも、お給料は正看護師に比べると平均年収が100万円程少ないようです。
憧れの病院で働けない?
大学病院のようなベット数の多い病院は准看護師を雇用しない施設が多くなっていますが、
クリニックなどの個人経営の施設は少ない賃金で働いてもらえるので、
優先して准看護師を雇うところもあります。
テレビで特集されるような高度医療の病院に就職することは難しいかもしれません。

准看護師と正看護師はどちらがいい?

時間もお金にも余裕があるのなら、正看護師をお勧めします。

看護師も、高学歴の時代になってきました。
看護専門学校がどんどん大学になっています。
キャリアアップをしたいと思ったとき、准看護師では取れない資格がたくさんありますしね。
認定看護師や専門看護師へのキャリアアップもできません。
准看護師だからというだけで、疎外される、と実際感じられる方も多いようです。

昇進は?

働きが認めれたとしても、准看護師は施設によっては主任や看護師長になれないケースもあります。
施設によっては、准看護師は主任同等の役職の呼び方が違いといったところもあるようです。

同じ仕事をしているのに…と准看護師からは不満の声がきこえてきそうですね。
迷っているならば、正看護師になることです。

看護師の能力の差はココ!!

同僚が准看護師から正看護師になって私が感じたこと…
それは、アセスメント能力。
(患者さんの置かれている状況を主観的、客観的にとらえて理論的に分析すること)
看護をしっかり学ぶと、アセスメント能力が飛躍的に上がります。
いままでは、決められた処置を淡々とこなすところから、考えてケアしていく。

看護の質も上がりますが、ケアに根拠が生まれるので、自分自身を助けますね。

今まで看護師は医師の指示通りに動くものという風潮がありましたが、
しっかりアセスメントして医師にも看護師からのケアについてディスカッションしたいものです。

医師と看護師。

なかなか意思の疎通が難しいと思うこともしばしば。
永遠に通じ合えない!?
長くなりそうなので、『医師と看護師について』はまたの機会に書かせてもらいますね。