グットダクター3話で瀬戸先生が使ってた聴診器が気になる

こんにちは、看護師長のべにおです。
みなと先生の不祥事の責任をとり、高山先生は謹慎中のグットドクター第3話。
今回は、第3話のネタバレと瀬戸先生の使っていたステートについて紹介します。

グットドクターネタバレ

第3話は、絞扼性イレウスの小学1年生の女の子美結ちゃんの受け入れ先の病院がなく、病院をたらいまわしされた後に病院に運ばれてきた
話しでした。

強いおなかの痛さを訴えてから、約4時間がたってから病院に運ばれてきました。

絞扼性イレウスは、1話でもでてきましたね。
時間が勝負で手術しなくてはいけない病気です。
みなと先生が、何度も「死んでしまいます。早く手術をしなくてはいけません」と言っていましたよね。

今回の美結ちゃんの場合は、病院に運ばれてきたときはすでに、かなり状況は悪かったでしょう。

間宮科長は、病院や自分のリスクを考えて、「手術はするな、自分のキャリアに傷をつける必要はない」と必死に瀬戸先生を説得ていましたよね。

自分のリスクを最優先する間宮科長と、ここにある命を第一に考える瀬戸先生は対照的な医師として映ったのではないでしょうか。

実際に医療現場で働いていると、同じような場面に遭遇することがあります。
ここまであからさまではありませんが、医師によって考え方に差があるというのは医師も人間なので、やぱりあります。

「苦しんでいる子どもを目の前に見殺しにすることはできない」と、手術に望む瀬戸先生の行動に胸をうたれました。

少なからず、みなと先生の影響を受けていると感じます。

そんな努力のかいなく、手術中に死亡してしまう美結ちゃん。

手術室の外で待つ両親に亡くなったことを伝えます。
「やだ、やだ」と泣き崩れる母親、「お前が殺したんだろ」と瀬戸先生を責め立てる父親。

瀬戸先生は、助けてあげられなかった自分の無力さと、両親から「お前が殺した」と責められ訴えられます。
医療者として自分のやったことは間違っていたのか・・・落ち込みます。
自信を無くすシーンは、同じ医療者として厳しさを痛感します。

親の立場からすると、事実を明らかにしたい、やり場のない怒りを相手に向ける気持になってしまうのは仕方ないことでしょう。

人の命に向き合わなくてはいけない時、人はいつも無力です。
みなと先生は、美結ちゃんが着ていた服と、ラジオ体操のカードをきれいに直して両親に届けました。

救急で運ばれてきた患者さんの服は、早く処置をするためにハサミで切ることが多いです。
最近はテレビでもおなじみのシーンですね。

みなと先生が美結ちゃんの服とラジオ体操カードを届けたことで、両親の気持ちは大きく変わりました。
病院に来て、父親が瀬戸先生に感謝の気持と自分達の辛さを打ち明けましたね。

みなと先生の行動が、瀬戸先生を助けることになりました。

瀬戸先生が使っていた聴診器

医療者が使うスタンダードといえば、リッドマン。
私も愛用していることを以前記事でも紹介しました。

今回瀬戸先生が使っていた聴診器は、ウルトラスコープ聴診器というものでした。
残念ながら、瀬戸先生と同じものは見つけることができませんでした。

私は、このウルトラスコープ聴診器をはじめてみました。
アメリカで作られている製品です。

今までの聴診器(ステート)は何だったのか?と思ってしまうほど、可愛くて、おしゃれ。
グットドクターを観ながら、ステートに釘付けになってしまいました(笑)

デザインがいいだけでなく、うるさい状況、ヘリコプターの大きな音の近くで使ってもしっかり音を聴くことができるそうです。
レザージャケットの上から心音を聴くこともできるんですって。
なかなかレザージャケットの上から心音を確認することはありませんが、コードブルーのように緊急で服を脱がせることができないときは重宝ですね。

人間だけでなく、動物病院でも使われているようです。

今までは、ステートは、自分の好みの色で他の人とは違うスペシャル感を楽しんでいましたが、ウルトラスコープ聴診器ならば、自分の好きなデザインを選ぶことができます。
これはまさにスペシャルですよね。

小児用と、成人用があります。
グットドクターは、小児外科なので、小児用のステートを使っていたはずですね。

ウルトラスコープ聴診器

ウルトラスコープ聴診器は、100種類を超えるヘットデザイン、15種類のチューブから自分の好きな組み合わせを選べます。

アクリル樹脂のヘットなので、心臓や呼吸音も聴きやすくて、厚地の洋服の上からも使用することができます。

軽く当てれば心音(低周波帯域)聴取ができます。強めに当てると、肺音高周波帯域)を聴くことができます。

デザインが豊富

ヘットは100種類以上。チューブも15種類と種類が豊富です。

高品質

デザインだけではなく、機能も優秀。うるさい場所でも、ヘットが大きいので音を漏らさず、しっかり拾うことができます。
ヘットの当て方によって心音と呼吸音を聴き分けることができます。ヘットを回す必要がありません。

目を引く

このステートを持っていたら、自分のステートはどれかなんて迷うことはありません。
小児科など、子どもが見たらきっと喜ぶでしょうし、
注目の的になること間違いありません。

展示会のソルブブースで、 これ何ですか? とよく聞かれる商品。 じつはこれ、聴診器なんです! ウルトラスコープ聴診器は、おしゃれで個性的、カラフルなヘッドが特徴的。 そして、かわいいだけじゃなく高機能。 アクリル樹脂のヘッドなので音がとても拾いやすく、厚手の衣類の上からも聴診可能。 大きなヘッドが音をしっかり受け止め、厚いチューブが外部からの雑音を遮断します。 100種類を超えるヘッドデザインと、15色のチューブカラーから、好みの組み合わせがお選びいただけます! 詳しい情報やカタログが欲しい方はメッセージまたはソルブのホームページへお願いします☺ #聴診器 #ultrascope #ウルトラスコープ #ソルブのオンラインショップ #ソルブ #メディカル #medical #製品紹介 #solve #ソルブ株式会社 #おしゃれな聴診器 #医師へのプレゼント #看護師へのプレゼント #開業プレゼントに #獣医師へのプレゼント #刻印 #オリジナル聴診器

医療機器商社のソルブ株式会社さん(@solve_jp)がシェアした投稿 –

ウルトラスコープ聴診器の購入方法

ウルトラスコープ聴診器は、インターネットで購入することができます。
調べてみたところ、今は、一時的に販売を中止しているところもありましたが、

アマゾン、楽天、ヤフーショッピングで購入することができます。
輸入商品なので、注文してから納品までには時間がかかるようです。

人気商品のため、売り切れ続出でした(涙)

ほしいと思ったら、すぐに手に入れたいですが、注文したら届きますので、届く日を楽しみにしていてくださいね。

どうしてもすぐに周りのみんなとはちょっと番うステートを使いたい方がいらっしゃったら、こんなステートもあります。

デザインにこだわった聴診器「U scope」です。おしゃれで有名なクラシコ社(東京都渋谷区)聴診器メーカーのケンツメディコ社(埼玉県本庄市)が共同で作りました。開発期間は3年で、折りたたむこともできます。

品質やデザインにこだわって作っているので、値段的には高価ですが、海外からの注文も多くデザインと品質にこだわりたい方にはおすすめです。
プレゼントに贈るのも喜ばれそうですね。

まとめ

今回は、だい3話のネタバレと、瀬戸先生が使っていたウルトラスコープ聴診器について紹介しました。

私もほしいと思って調べたところ、一時的に販売を中止していましたが、ヤフーショッピング、Amazon、楽天ではまだ一部で販売していました。

アメリカで作っているため、注文してから手元に届くまでは少し時間がかかります。1か月待ちのところもありました。

すぐに、おしゃれで人とは違うステートを手に入れたいという方には、「U scope」という日本製の商品も紹介しました。
お値段は、34,000~と高価ですが、海外からの注文も多く入っていて、早速売り切れ商品も出ています。

これからも素敵なステートがあればどんどん紹介していきますね。