看護師は「うつ」で転職することが多いって本当なの

こんにちは。現役看護師長のべにおです。
看護師は、精神的、肉体的にもハードな仕事です。
特に病棟で毎日患者さんの命と向き合う看護師は、タフでないとやっていけません。

目の前で患者さんが亡くなったり、急変もあるでしょう。
患者さんの命を左右する処置も多いですよね。

新人でも、瞬時の判断を要求されますし、業務が毎日全く同じということはありえません。

私も、仕事の責任の大きさから、「仕事に行きたくない」「怖い」と感じることは、数えきれない程ありました。

精神的、肉体的に疲労を感じる看護師さんは、とても多いのではないでしょうか。
疲労を感じたとき、気持ちが落ち込みやすく、うつになりやすくなります。

今回は、うつと看護師の転職について紹介していきます。

どんな看護師がうつになる

まずは、どんな看護師がうつになりやすいのでしょう。
看護師の仕事は、はじめにも書いたように、人の命にかかわる仕事。
自分のおこなう処置が人の命を左右すると思えば、強いストレスを感じます。

そう考えると、人の命を左右するような職場で働く看護師さんがうつになりやすいでしょう。

うつになりやすい性格は、生真面目で責任感がある人。
自分や人に厳しく、完ぺきを目指すので、問題をクリアできないと自分を責めたり落ち込むことも多いのです。

「できないのは自分のせい。」
自分が悪いという思考になってしまうのです。

うつは、心の風邪というくらいだれがなってもおかしくない病気。

程度も症状もその人によって違います。

落ち込んだ気持ちから鬱にならないためには、どうしたらいいのでしょう。

私は、自分の気持ちとどう付き合っていくかが鍵だと思っています。

どうすればうつにならないのか

どうすればうつにならないのか?
普段、風邪は体力が落ちている時、ひきやすいですよね。

うつは、心の風邪。
うつにならないためには、まず自分の心の状態を知り、管理することが必要と考えています。

「自分の気持ちは、いまどうなの?」を意識することで、自分の心を知ることができます。
心が分からなければ、管理することはできませんよね。

自分の心がわかれば、感情や行動をコントロールすることができるのです。

それは、看護計画と同じ。
患者さんの病状が変化したら、計画を修正しますよね。
情報を集めて分析する、色々な角度から見直すことで問題を解決することができるのです。

問題が分からなければ、解決することもできないのです。

簡単に自分の心を知る方法

落ち込んだり、うつになると、自分の考えていることや、行動が分からなくなることがあります。
自分の気持ちがわからないと、パニックなってしまいます。

うまく自分を知るには、2つ方法があります。

1つ目は他人に聞くこと。
他人は、自分を客観的に判断してくれます。その時、その言葉を、なるべく他人事のように聞きましょう。
信頼できる上司がいれば、相談してみましょう。

2つ目は、書くこと。
真っ白な紙に、自分の感情をどんどん書きだしましょう。
文章になっていなくていいです。
単語でいいんです。
「つらい」「やめたい」こんな感じです。

頭の中から、感情を紙に移動させるイメージです。
はじめはうまくいかないかもしれませんが、少しづつ頭の中が整理されていくから大丈夫です。

転職は悪いことなの?

うつになって(気持ちが落ち込んで)もうどうしょうもなくなった時、転職することは悪いことなのでしょうか?
頑張り屋さんのできる看護師さんから質問されることがあります。

答えは、状況によってです。
これでは、答えになっていないと言われてしまうかもしれませんね。

気持が落ち込んで、もう駄目だと思った時に、どれだけ努力をしたかなんです。
「もう駄目だ」そう思ったとき、この職場がダメなんだ。教育体制が整っていないし、みんなやる気がない・・・
そんな風に、誰かのせいにして退職するのならば、次の職場で成功することはありません。

「もう駄目だ。でも自分のここがいけなかったと」反省して、改善することができる。もう自分にできることはすべてやった!!
それでもダメな時は、自信を持って転職すべきです。

あなたの転職は成功するからです。

自分に合った職場ってどうしたらわかるの?

いざ転職するとき、自分にあった職場はどうしたら見つけることができるのでしょう。

どんな働き方をしたいのか。
生活をするには、最低いくら必要なのか。
夜勤はできるのか。
今後、看護師としてどんなことをやりたいのか。どうなりたいか。
家族構成や、ライフスタイルはどうなのか。

あなたの理想の職場に出会うためには、まず自分自身を見つめ直すことが必要です。
答えは、あなたのなかにあります。

転職を成功させるためにはどうしたらいい?

自分の考えがまとまったら、看護師の派遣会社に協力してもらいましょう。
看護師の派遣会社は、転職先の情報量が豊富です。
自分では「こんな職場がいい」と思っていても、転職のプロに相談すると、自分が思っていなかった理想の職場を提案してくれることもあります。

ここで注意したいのが、看護師転職会社もさまざまということ。
なかには対応が悪かったり、紹介先がブラックということも残念ながら存在します。

だからといって、看護師の派遣会社を利用するのは不安と感じる必要はありません。
良くない看護師派遣会社を見極める方法があります。

それは、いくつかの看護師派遣会社に登録することで防げます。

複数の会社に登録することで、派遣会社を比較することができます。
希望に合った職場を探してくれる良心的な転職会社や、条件の悪い求人を強引に押し付けてくる転職会社もあるかもしれません。

3つの転職会社を利用してみれば、自然といい転職会社がわかるはずです。
担当者が自己中心的な場合もあるので、そんなときは担当者を変えてもらいましょう。
複数の転職会社に登録しておくことで、あなた自身にも余裕が出ます。
自分の意見を言いやすくなりますよね。

紹介してもらった求人は、1か所選べばいいのです。
焦る必要はありません。
もしも急ぎでお金が必要ならば、単発(1日契約の仕事)で働けばいいのですから。

単発も就職の紹介もしてくれる派遣会社ならココ↓↓


年間利用者10万人以上の看護師からの信頼で選ぶならココ↓↓


常勤転職で最大35万円の支援金がもらえるお得で選ぶならココ↓↓


看護師派遣会社ではなく、職業安定所や友人から紹介してもらう方法もあります。
職業安定所の場合、紹介はしてくれますが、その後のフォローはないので、面接の対策やお給料の交渉もあなたがやることになります。

転職会社では、担当者が職場に同行するので、交渉しにくいお給料や待遇について交渉が成立することもあります。

友人からの紹介ということもあるかもしれません。信用できる友人で、職場も自分に合っているのならば申し分ありません。
ぜひ就職するべきだと思います。

ただ、看護師不足で困っている施設だからこそ、声がかかることもあるので、注意してください。
就職してから「こんなはずじゃなかった」にならないようにしましょう。
友人との事前の話に食い違いはないか、契約の時にしっかり納得して就職することでトラブルが避けられます。

こんな職場や方法もある

志の高い看護師さんには、こんな方法や職場もあります。

資格を取ってスキルアップ

看護師のスキルアップのためには、様々な資格があります。
その中でもいま注目されているのが日本糖尿病療養指導士(CDEJ)です。

看護師の資格をもち、糖尿病専門医または、日本糖尿病学会の会員の医師の指導をうけて、糖尿病患者さんの指導経験が必要です。
糖尿病は、国民病といわれるほど、増加しており、どこで働いたとしても役立つ資格。
専門クリニックも増えていて、スキルを活かせる場はこれからも増えていきます。


患者さんに寄り添う看護を目指す人にオススメです。

ケアマネージャーとして地域で働く

介護を必要とする利用者さん、その家族の希望を聞いて、必要な介護をコーディネートします。
相手のニーズをしっかり受け止めて提案します。

利用者さんや家族から信頼されるやりがいのある仕事。
看護師の資格、実務経験が5年以上で受験資格があります。

介護を必要とする人は、ますます増えるので、重宝されます。
トライしてみてはいかがでしょう。

訪問看護でじっくり人とかかわる

判断や経験が必要とされますが、一番必要なのは、利用者さんに寄り添う気持ち。
病院とは違い、訪問看護は、利用者さんのお宅に出向いて仕事をします。
利用者さんや家族の生活の中での看護。

看護師としてはもちろん、人間性が問われます。
「訪問看護を始めたらもう病院には戻れない」というほど訪問看護に魅力を感じる看護師さんが多いのも特徴です。
じっくり患者さんと関わりたい看護師さんにお勧めです。

退職するときの注意点

退職するときには、注意点があります。
これは、どの職種にも言えることですが、医療の世界はとても狭いです。
新しい職場といっても、人間関係はいろいろ繋がってます。

こんな風に書くと、少しいやらしいと思われるかもしれませんが、人はやめるときに「その人」がでると思います。
今まで頑張って働いていても、やめ方がお粗末では、その頑張りもマイナス評価になってしまいます。

そんなこと言ってられないくらい、精神的に限界というならば、仕方ないのかもしれません。

余計なお世話とも思いましたが、そんな現実もあることも覚えておいてください。

まとめ

看護師は、ハードワークのため、だれがうつになってもおかしくないんですね。
そのなかでも、完璧主義で、まじめな看護師さんほどうつになりやすいのは、自分を責めてしまうからでした。

転職をするときは、自分自身を見直すことが必要でしたね。
気持ちが疲れてしまった時は、自分の感情を整理するため、考えていることを書きだしたり、信頼できる上司に相談する方法があります。

転職を考えるならば、転職先をあせらず、自分にあった1か所を探す必要があるんですね。

そんなときに助けになるのが看護師の転職会社。
いくつかの転職会社に登録することで、転職会社を見極めることもできますし、最良の求人に出会う確率が上がるんですね。

この記事が、あなたの役にたてたらとてもうれしいです。