看護師スキルアップに有利な資格はCDEJ

看護師で働いていると、このままでいいのか気持ちが焦ることはありませんか。
仕事がひと通りこなせるようになって、周りを見渡してみると学生時代の友人は昇進していたり、キャリアアップをしていた。

自分は、看護師の仕事に誇りをもって働いてきたけれど、目に見えるキャリアがない。
今まで何をしていたんだろう不安になってしまうこともあるかもしれません。

キャリアアップをした友人を見ると羨ましかったり、眩しくみえることでしょう。
今回は、キャリアアップをしたい看護師さんにお勧めのCDEJについて紹介します。

CDEJとは

CDEJとは、( Certified Diabetes Educator of Japan)日本糖尿病療養指導士の略称です。
日本糖尿病療養指導士認定機構が、糖尿病患者さんの指導レベルを一定水準以上と認めたコメディカル(看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士)に対して、CDEJの資格を与えるため、1年に1回、認定試験を行っています。
増え続ける糖尿病患者さんへの指導が、医師だけでは不十分、正しい知識を普及させるためにつくられました。

CDEJを取得することで、糖尿病の療養指導が一定水準以上ということが認められます。
正しい知識を、糖尿病患者さんに指導することがCDEJの努めになります。

CDEJどうしたらなれるの

看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士のいずれかの資格を持っている必要があります。
医師の指導の下2年間の糖尿病患者さんに療養の指導経験があれば、受験資格があります。

以前は、准看護師も受験の対象でしたが、現在は受験することができなくなりました。
准看護士でも資格が取りたい方は、地域の糖尿病療養指導士(CDE)は受験することができますので、参考にしてください。
東京糖尿病療養指導士のホームページをのせておきます。
東京糖尿病療養指導士のホームページはこちらから

CDEJになりたいと思ったときのハードルが、医師の指導の下というところ。
医師というのは、医師ならだれでもいいというわけではありません。
糖尿病専門医または、日本糖尿病学会の会員の必要があります。

大学病院のような大きい病院に勤務していると、指導してくれる医師もいるかもしれませんが、規模が小さいといないこともあります。
(1)当該施設に勤務する、以下の(イ)(ロ)のいずれかに該当する医師が、糖尿病療養指導にあたり受験者を指導していること
(イ)常勤または非常勤の日本糖尿病学会専門医(非常勤の場合、勤務は月1回以上)
(ロ)日本糖尿病学会の会員で糖尿病の診療と療養指導に従事している常勤の医師
(2)外来で糖尿病患者の診療が恒常的に行われていること
(3)糖尿病の患者教育、食事指導が恒常的に行われていること
糖尿病療養士認定機構、受験資格より引用

それじゃとれないと落ち込む必要はありません。
糖尿病専門医は少ないですが、日本糖尿病学会の会員の先生ならあなたの施設にもいるかもしれません。

分からなければ、医師や上司に聞いてみましょう。
医師に聞きにくいなんて方は、まず上司に相談することを勧めます。
上司なら、医師に気軽に確認することができるでしょう。

あなたが本気でCDEJになりたいと思った時に、指導医がいなければ看護師転職会社に相談してみるのも一つの方法です。
オススメの看護師転職会社はさいごに紹介しますね。
糖尿病専門医を確認するならこちらから

CDEJをすすめる理由

CDEJ(日本糖尿病療養指導士)がオススメな理由は5つあります。
・糖尿病は今後も増えるので、需要が高い。
・糖尿病は、直接命にかかわらないから精神的ストレスが低い。
・糖尿病専門クリニックも増えているので、転職にも有利。
・絶対に無駄にならない資格
糖尿病の患者さんは、どこで働いていても必ず糖尿病患者さんはいるので、絶対に邪魔にならない資格です。
・給料アップ
専門クリニックでは、質の高い看護師を求めています。
志の高い医師の中には、頑張りをお給料で評価するところもあるので、生活も潤います。


まとめ

この記事では、看護師のスキルアップにはCDEJ(糖尿病療養指導士)を勧める理由について紹介しました。
CDEJは、増え続ける糖尿病患者さんの療養指導する為に需要の高い資格なんですね。
この資格を持つことで、糖尿病の療養指導が一定レベル以上ということが認められます。

指導医がいない場合は、転職会社に相談してみる方法もありました。
まずは自分の働いている職場に糖尿病専門医や、日本糖尿病学会の会員の医師がいるのかを確認してみましょう。

CDEJをとるとキャリアアップだけでなく、お給料にも反映されることもあるんですね。
看護師派遣会社に登録して損談するならココがおすすめ↓↓

これからの活躍を応援しています。
この記事が、あなたの判断の助けになればうれしいです。