コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命【第9話】あらすじ・ネタバレ

時は金なり。一寸先は闇と言うが、何が起こるかわからない。

高所からの転落で負傷した患者、

車いすのラグビー選手 両角孝平(成田孝基)ハーフタイム、ウォーミングアップ中に車いすで階段から転落。

やけどの患者。

3人とも命を救われた。

こんなにも違う?救急センターの今…

橘は白石に救命チームが見違えるようだと声をかけた。

3ヶ月前に比べると、ぐっとチームワークも良くなって、フェローのスキルも格段にアップ。
3ヶ月前は 、3人中1人しか救うことができなかったのに、今日は3人中3人 をに無事、ICUに運ぶことができた。
橘先生は「白石のおかげだよ」と激励する。
「3人患者が同時に来たんだってな?」
救命はやっぱり大変だなあ。名取の父 が、医局で息子を待っていた 。
自分は針刺し事故を起こしたから、名取の名を汚されると困るんで、自分の手元に置いておきたいんですね。名取。
「相変わらずさっしのいいやつだな。」と父。
実家の病院に戻ることになりました。
名取の名を少しでも汚されることは許されないから。
あんたは、自分が思っているより、医者に向いてる。絶対に医者を辞めちゃいけない!!!名取に告げる緋山だった。

それぞれの分かれ道

緋山先生は周産期医療センターに医局長として戻ってくるように、と
緒方と待ち合せの時に、連絡が入る。
お互いに好意を寄せる緋山と、リハビリに励む緒方。
周産期医療センターの近くのリハビリセンターに転院を勧める緋山先生だが、緒方はそれを断った。
「俺は、好きな女の夢を壊したくない。」
いずれ緋山先生がそう思うようになったら…辛すぎる。
もう会うのはやめよう…  告げる緒方だった。
いつまでフライトドクターを続けるの?
冴島に問われる藤川。
「ちゃんと考えたいんだ一人にしてしといて欲しい 。」
灰谷は、自分のせいで患者を救えなかったと思い込み、今でも悩んでいた。
ヘリに乗ると恐怖がよみがえり、からだが震え、指示はおろか、しゃべることもできなくなってしまう。

移植を待ち続ける優輔の決断とは…

「悩んでいる …」橘。
今、貯金いくらある? 三井に尋ねる橘。
優輔は本当によく頑張ってる。
日々恐怖を 突きつけられている…
体もそうだけど、これ以上「心」が持たない。
海外での移植。 私も同じこと考えてた。
優輔の主治医の井上が走ってくる。
移植ネットワークから 連絡があった!!!
移植を受けることができる。
順番のトップは優輔君だ!!!
「1時間以内に移植の返事をしなきゃいけない優輔君に伝えて」
「よく頑張ったな 」橘の肩をたたき、今までの頑張りを労う井上。
橘と三井は優輔のもとに走った。
「お父さん、お母さんごめんね。心臓はいらない。移植は受けない。」
 優輔からは意外な言葉が…
移植をすれば、お母さんと一緒に外も行けるし、友達とも遊べる 。なんで移植をしないんだ?
必死に説得する両親。
「ごめん僕は移植を受けない」意思は固かった。
1時間の間に優輔を説得して、移植ネットワークに連絡しなければ、心臓は次の患者のもとに行ってしまう…
我が子に心臓が提供されるかもしれない。
命が伸びるかもしれない、少しの希望に望みを託す。
その気持ちは痛いほどわかる。
そんな姿を見るのが辛いと訴える優輔。
「約束の時間まであと10分だぞ」井上にせかされる橘。
「親がこどもを信じられなくてどうするんですか??
優輔くんは必ず理解します!!!」
緋山に背中を押され、我に返る橘。
俺が決めた。
優輔は心臓移植を受ける!!!
「移植ネットワークに連絡してくれ」
タイムリミット10分前に橘は井上に連絡した。
ドクターヘリで移植に向かう優輔。
「お父さん、優輔の気持ちに気付けなくて悪かった。
嫌われたっていい。
優輔が生きていてほしいから、移植してもらうんだ。」
優輔の額に自分の額をつける橘。
優輔から喜びの涙が両目から流れ落ちる。

自分に言い聞かせてる?藍沢先生の口癖は

藍沢は、白石、新海に声をかける
「必要以上に責任を感じることはない 」
車いすのラグビー選手が、14年前のけがが原因で死亡した。
どうすることもできない状態だったが、やるせない3人。
新海から、その言葉、お前にそっくりかえすと言われる。
トロント行きを勧められる藍沢だが、どうしてもピアニスト、奏の事が気がかりで仕方ない。
自分だけ、夢をかなえるわけにはいかない…

大切なチームが、地下鉄事故で…

救命センターに消防より、要請が入った。
開通前の地下鉄線路で、子供も含んた負傷者大勢の事故が発生した。
「重症者は下にいます。」レスキュー隊の声に
大切な人を失うのは2度で十分。あなたは行かなくていい…
冴島から、諭される藤川。
「俺は、ヘリドクターだから」冴島に微笑みかけ、現場に向かった。
「処置中に液体が天上から滴り落ちた。」建設会社に連絡してほしい
藍沢から白石に連絡が入った。
その直後
地下から爆発音と地震のような激しい揺れ…
藍川ががれきの下敷きになった。
私の大好きなチームはバラバラになってしまった…

看護師長べにおの想い

1時間は60分。3600秒…
あっと言う間の1時間だけど、時には、人生を大きく変えることもありますよね。
明日の私。
自分の1時間後は、想像はできるけど、それが現実になる保証なんてどこにもない。
誰も 未来なんてわからない…
過酷な医療現場。特に救命救急は、いつまで最先端の場所で続けていくか、他の部署よりも早く決断を下すことが多いのではないでしょうか?
何が大切なのか見極めが必要。
自分はどうすべきなのか… 何をしたいのか?
時間は有限。
いまが永遠に続くわけではない。
いまを大切に…
その積み重ねで、素敵な未来が待っている…
次週はついに最終回。
藍沢先生の安否が気になります。
救命のみんなが協力して、必ず藍沢先生の命を救うことを期待しています。