皮膚科転職に失敗しないための極意 

こんにちは。現役看護師長のべにおです。
毎日、患者さんの生死にかかわるシビアな現場で働いていると、時にはもっと気楽な所で働きたいと思うこともありますよね。

自分が働いている所以外が気になるのは当たり前ですし、あこがれて入職してみたものの、想像とはずいぶん違ったなんてともあるはず。

今回は、命の現場からは、少し離れて、皮膚科で働きたいと思う看護師さんに向けて、注意点を紹介します。

皮膚科で働く看護師になるには

皮膚科で働くためには、まず皮膚科のある病院や、クリニックで働くことになります。
病棟勤務では、皮膚科以外の疾患の患者さんの看護をすることもあります。
命の現場から離れるのであれば、病棟ではなく、クリニックや、外来がおすすめ。

外来の場合は、担当の科がローテーションということもあります。
皮膚科で働きたい場合は、クリニックなど、皮膚科のみの施設ならば、皮膚科だけで働くことができます。

処置はどんなことがある

処置は、病棟と外来、クリニックでは大きく違いがあります。
大学病院など3次救急の病院では、難しい手術も多いため、日々の処置にも時間がかかったり、特別な技術が必要なものもあります。

外来では、主に医師の介助が中心になります。

クリニックは、その施設によってさまざま。
看護師が居なくて、処置はすべて医師がやる施設から、
医師の指示のもと、看護師が軟膏を塗ったり、液体窒素でいぼを焼いたり、時には薄毛の処置をするなんてこともあります。

皮膚科で働く時の注意点

皮膚科といっても、病棟、外来、クリニックでは看護師の仕事内容が大きく違います。
皮膚科で働くと決めたなら、どんなスタイルで働きたいのかを明確にしましょう。
働く時間やお給料、仕事内容の程度。

自分は皮膚科で働くことで、何を得たいのか。
人によっては、プライベートの時間かもしれませんし、スキルかもしれません。

皮膚科で働くことよりも、とにかく楽な仕事がいい!!のならば、
極端な話、看護師でなくてもいいのかもしれません。

答えは、あなたの中にあります。

転職をする時、大切なのは、自分がどうしたいのか。

ゴールが決まっていないと、転職は絶対に成功しません。

ゴールが決まっていないということは、目をつぶりながら、ゴールを目指して走っているようなもの。
ゴールテープを切ることはできません。

皮膚科で働く時の注意点

皮膚科の医師は、個性的。
クリニックでは、医師が院長をやっていることが多いですね。

病院の医師とクリニックの院長では、看護師との関係がまるで違います。
病院で、働いているときは、同じ職場の医師と看護師の関係ですが、
クリニックの場合、看護師は、院長に雇われていることになります。

医師からお給料をもらうことになるので、上下関係がはっきりします。
医師に従わなくてはなりません。

皮膚科医は変わり者が多い

見た目にビックリ

大きな病院では、医師の個性はあまり目出ちませんが、クリニックの場合、院長のカラーがはっきり出ます。
思わず振り返ってしまうような個性的なファッションの医師。
話してみると、とても感じのいい医師でしたが、はじめはびっくりしました(汗)

俺様系

患者さんに対して注文が特に多い。
〇歳以下の子どもは診ないクリニックや、
人に移るような病気は受け付けなかったり、上から目線の医院長。

もちろん中には、親切な医師もいます。

そんなクリニックや医院は、患者さんからとても人気があります。

マイペース

毎日遅刻してくる医院長。診察開始時間になっても院長はいない。
事務さんに聞くと、「もうすぐ来ると思います」との返事。

診察開始時間になっても、医師がクリニックに来ない。

常連患者さんからは、「また今日も来ない。遅刻だ」
院長先生は、自宅が遠いから仕方ないんですって。
呆れてしまう(汗)

まとめ

この記事では、皮膚科で働くことを希望している看護師さんのために、知っておいてほしいことを紹介しました。
皮膚科で働く前に知っておいてほしいこと。
まずは、皮膚科で働きたい理由がしっかり決まっている必要があるんですね。
皮膚科は、治療方針もさまざまなので、理由がはっきりしていないと、皮膚科で働いた時、
「こんなはずではなかった」ということになってしまいます。

クリニックの場合は、院長に雇われることになるので、院長の人柄を見極めましょう。
面接のときに、自分からも質問するのも効果的。
納得してから働けるといいですね。
とは言っても、はじめて会う人の人柄を見極めることは、とても難しいこと。
面接のときは、感じがいいと思っていたのに、「働いたら、想像とは大きく違った」なんてこともあるでしょう。
転職にちょっとでも「不安」と感じたなら、看護師の派遣会社を利用するのも一つの方法です。

就職して「こんなはずではなかった」と後悔しないために、紹介予定派遣というものがあります。
これは、実際に働いてみて、自分に合う職場なのかを事前にの体験できるもの。

一般的な就職では、なかなかできませんので、ぜひ利用してほしいと思います。

看護師さんの転職は、非常に恵まれていています。
看護師派遣会社に登録さえしておけば、自分に合う職場や、
希望にあう職場を看護師転職のプロが探してくれるのですから。

この機会に、ぜひ登録してみてくださいね。
あなたの希望に合う職場が見つかりまりすように。

看護師転職会社の登録はこちらからどうぞ