30歳看護師Tさんの決断!!※転職理由はズバリ不妊!!

 私は、看護師8年目になります。
結婚して3年が経っても、なかなか妊娠することが出来ませんでした。
夜勤があったり、不規則な生活のため、看護師は不妊に悩んでいる人も多いです。
私もその一人でした。
いよいよ年齢も年齢なので、不妊治療に専念したいなと思うようになりました。
ネットで調べても、今のように不妊治療が公ではない時代でした。
不妊の治療を始めることは、とても勇気がいることでした。
不妊治療するにあたっては、まずやらなきゃいけないハードルがたくさんありました 。
子供が欲しいということは、以前から師長には伝えていましたが…

やっとの思いで不妊治療を決意した

不妊治療といっても様々な病院があり、どこを受診していいか悩みぬいた末、不妊の専門病院を受診することにしました。
その病院は、受診にあたり、夫婦で病院が主催する説明会に参加しなくては、受診することができませんでした。
多忙な主人のスケジュールをなんとか開けてもらい、説明会に参加しました。
不妊治療の段階が進むにつれて、通院する回数も増えたり、午前中でないとできない検査があったりと、職場に内緒で治療を進めていくことは不可能。
何があっても休むことのできない夜勤がある状態で、不妊治療をすることは困難だったからです。
なかなかフルタイムで働くことは難しいものでした。
ただ、不妊治療には、高額なお金もかかります。
働きながら治療をするしかないと思いました。
どこの病棟も人手不足。急に辞めるということはできません。
急変があったりと、大変ですが、大きな不満はなかったし、ボーナスは他の病院に比べてもよかったので、やめる理由はありませんでしたが、
休みの日も病棟会や委員会、係の仕事で職場に行くことが多く、急な病棟会もあり、日勤も病棟を出るのは、20時を回ることは日常茶飯事でした。(定時が17時30分)
今になって考えると、退職理由はありますね(汗)

みんなの前で不妊治療の公表をすることになった

夜勤をしないことは、みんなに不妊治療をしていることを伝えてからにする、と師長からいわれました。
自分が不妊治療をしていることを、スタッフにカミングアウトすることはとても緊張して、声が震えました。
なんとか伝えることができ、無事に検査から開始することになりました。
検査が終わり、徐々に治療が進んでいくと、治療のストレスと仕事のストレスで、精神的にも疲労がたまってきました。
不妊治療は、めでたく妊娠をするか、治療を諦めるか(子供諦める)かの 最終的には二者択一になります。
不妊治療をして、妊娠しない月、とてもストレスになるんですが…
それを 職場の人達にも 告げなくてはいけないことがなによりもストレスでした。
ある程度まで治療が進んだ時、体外受精を勧められました。
治療が進むとお金もかかるので、仕事もやめることはできないので、悪循環だと思いました。
悩んだ末、治療を一時中止しました。
師長に相談し、3か月後に退職して治療に専念することにしました。
夜勤復活。
ただ、ホルモン剤は飲む必要があったので、毎日8時と20時。
まるで、患者さんへの麻薬の時間管理のように、決まった時間に飲むことは特に忙しい夜勤帯では至難の業でした。
忘れないように、アラームを常に白衣につけて仕事をしました。
そのかいあってか、私の薬の時間と、患者さんの急変が重なることはありませんでした。ホッ
私の不妊治療を知り、実は自分も不妊に悩んでいると声をかけてくる同僚が多かったことに驚きました。
夜勤帯は、落ち着いていると、普段はなかなか話せないことも少人数なので、話しやすかったりして、同僚と急激に仲良くなることもありますよね。
その時、治療をストップしていた私ですが、お互いの不妊治療状況を話したり、いい気分転換になりました。

 ついに総合病院を退職した

そして3か月後、総合病院を退職しました。
退職する日に、看護部長から「大丈夫よ、子供なんてすぐできるから」といわれたときはさすがにびっくりしました。
師長には言っていましたが、まさか看護部長にまで不妊治療のための退職がばれているとは…
師長さんうわさ話、好きだったもんな((+_+))

 短時間、短期間でお金が必要!!!手っ取り早い派遣登録

不妊治療の合間に働くと言う方法を取りたかったので、今までのように常勤として働くつもりはありませんでした。
ただ不妊治療は、とてもお金がかかる!!!のでしっかり稼げるに越したことはないとは思っていました。
昔、3か月だけ働きたいと思い、職業安定所で探した産婦人科クリニックの面接にいったことがあります。
「3か月だけ働かせてください」とおねがいしたら、院長先生に大声で怒鳴られたんです。
「3か月なんて何考えてるんだ!!!」とすごい剣幕で怒鳴りました。
昔のお医者様… ですよね。
そんな施設に、就職できなくてよかったです(汗)
今回は、そんな嫌な思いをしないためにも、時間をかけずに、希望に合う職場を探してもらおう!!!と派遣会社に登録しました。
以前利用したことのある「ナイチンゲール」と今回新しく登録した「ケアテンプ」
ナイチンゲールは1日の病棟の仕事や、落ち着いた病棟の夜勤バイトに行ったことがありました。
ケアテンプは、幅広く情報を提供してもらいました。
不妊治療計画を聞くと、3か月間は結構働けそうなことが分かりました。
主に訪問入浴で働きました。
やることは、病棟よりもはるかに楽なのに、お給料はとてもよくて、嬉しい驚きでした。
ボーナスは出ないので、年収にすると同じくらいかな、と思います。

転職会社を選ぶポイントはコレだった

何社かの転職会社に登録してわかったことは、その転職会社によって取り扱っている案件に大きな差があるということ。
例えば、訪問入浴に強い会社であったり、同じ現場であっても、AよりもBの方が時給が高いなんてことも。
特に都心では、転職会社がたくさんあるので、働く施設もかなりバリエーションに富んでいました。
私は、不妊治療をしながらという制約がありました。
正社員として、3か月働くとお祝い金がでるというところもあるので、つぎは使ってみたいです。
数ヶ月間不妊治療は続くことが予測されたので、治療に支障がない日勤 。
業務も、あまり過酷ではない現場を希望しました。
担当者さんに全てを打ち明けたところ、私に合った 現場をいくつか紹介していただきました。
そして、訪問入浴に決定!!
一概に訪問入浴といっても、会社によってやり方や、内容が全く異なるので、注意が必要です。
看護師が、利用者さんを他のスタッフと一緒に洗う会社もありますが、バイタルサイン以外はしない!!!というところもありました。
個人的には、看護師も一緒に洗体や浴槽の設置に関わったほうが、早く終わるので、休憩時間も長くて楽しかったですよ。
腰痛などがある方は、バイタルサイン測定のみの方が、いいかもしれないですね。
訪問入浴ですが、主に行く営業所は同じですが、その日によって違う営業所に行くこともありました。
訪問入浴の場合、会社によって、利用者さんの体の洗い方の順番が違います。
訪問入浴をやるならば、同じ会社。他の営業所で働く方がおすすめです。

思ったよりも長い!!! 治療の目安は半年間になった。

初めの頃は、そんなに病院に行かなくて良かったので、働き方にそんなに影響はありませんでした。
食事についても、ほとんど制限はありませんでしたが、治療が進むにつれて、食事の制限も出るようになりました。
訪問入浴で働いていました が…
問題発生。
利用者さんから、何か食べ物を出してもらったとき、(例えばお菓子やジュースなど)その施設によって対応がことなります。
絶対にいただかない会社や、必ずいただく会社。
最初は、食事制限もなかったので、その会社の方針通り、食べていました。
治療が進むにつれ、制約が出てきたため、新たな職場を見つけることにしました。
派遣のいいところは、よく月から他の施設に移動できることです。
当時は、単発で訪問入浴をやっていました。訪問入浴が月に20回ぐらいを 2ヶ月ぐらい過ぎたところ時給がアップしました。
食事仕事の内容はとても楽しく継続したかったのですが、違う職場を探してもらいました。

有料老人ホームではたらいてみた

食事を自分のペースで食べられる施設を探すことにしました。
3か月間の限定で、有料老人ホームの仕事が見つかりました。
面接に行ったところ、とてもアットホームで良さそうな施設だったのでそこに決めました。
期間は3ヶ月の契約。
仕事といえば、回診にくる先生の介助と気になる利用者さんのバイタルチェック。
分包されている薬を利用者さんごとに分けたり…
信じられないくらい簡単なものでした。
常勤の看護師さんは、1人なのでそれなりに大変そうでしたが…

派遣のおかげでストレスから解放!!こどもも授かった

3か月後に施設を退職して、体外受精に臨み…
妊娠中は何かと大変でしたが…
待望の男の子を授かることができました。
子どもが生まれるとまた働き方が変わるので、看護師としてまた働くときは…
今度こそ、お祝い金制度のある派遣会社を利用したいです。

看護師長べにおの想い

この方は、私が昔一緒に働いていた看護師さん。責任感が強くて、何でも一生懸命な彼女は看護にも治療にも全力投球でした。
私も不妊治療経験者として共感できるところが沢山あります( ^ω^ )
Tさんは、今は2人の男の子のママとして育児に奮闘中。
子育てにも全力投球な彼女は、今しかできない子育てに納得ができたら、看護師として復帰されるそうです。
Tさんのように、思ったら、全力で行動できる!!行動力。
久しぶりにあったTさんは今もキラキラ輝いていました。
自分の今やるべきことが明確だと、すぐに行動に移せますよね。
ちなみに、Tさん次はお祝い金制度のある看護師転職会社を利用しようと、登録だけはしっかりされているんですって(笑)