看護師から木下香織治験コーディネーターの仕事に転職する簡単な方法

治験コーディネーターというと、ブラックペアンに出演されていた、カトパンさんが演じた木下香織治験コーディネーターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
この記事では、人気の治験コーディネーターについて紹介します。

治験コーディネータとは、どんな仕事なのか。
どんな人が治験コーディネータの適性は?

この記事を読み終えたころは、
治験コーディネーター(CRC)に向いているのか、いないのかを理解することができます。

治験コーディネーターってどんな仕事

治験コーディネーターをご存じですか?
治験コーディネーターは、新薬の開発のため、製薬会社と医療施設、担当医師や看護師、被験者(患者さん)の橋渡しをする仕事です。

                                          
出典:株式会社クリニカルサポート

治験コーディネーターは、医療の知識が必要不可です。
看護師の場合、臨床経験は、特に重宝されます。

治験コーディネーターに、転職される方に特別な資格は必要ありませんが、看護師、准看護師、臨床検査技師、管理栄養士、薬剤師、臨床心理士、臨床工学技士、理学療法士、作業療法士の資格があること。MRなどの製薬業界の経験がある方は、治験コーディネーターの転職が有利になります。

患者さんと直接かかわり、治験の説明や、心理的負担の軽減のために、心のケア、サポートもしていきます。

無事に治験が終わり、薬が発売されることは、やりがいを感じずにはいられない程嬉しいものです。
仕事が、形になってみえるんですね。

治験コーディネーターこんな人は向いていない デメリット

治験コーディネーターにもとめられるスキルは、この3つ。

・コーディネートできる人
治験コーディネーターは、製薬会社、医師、医療スタッフや患者さんのまとめ役になります。
それぞれの立場の意見を聞き、円滑にミッションをこなしていく必要があります。
・コミュニケーションの取れる人
それぞれの人たちの進行を把握して、意見を聴きながら調整していく必要があるCRC。
コミュニケーションスキルは欠かせません。
自分からコミュニケーションをとりましょう。

・やる気のある、受動的の人
施設で働いていれば、スタッフも同じような人たちと働いたり、ルテインワークが決まっていることが
多いですが、治験コーディネーターは、現場が変わりますし、関わる人たちも変わってきます。
その場でどのように対応するのか、臨機応変な対応を迫られるのです。

この3つがないと、治験コーディネーターとして活躍することは難しいのです。

 治験コーディネーターメリットとデメリット

こんなことを言うと、なんだか難しそうで、やる気だけはあるけれど、果たして自分に
できるのか・・・
不安になってしまいますね。

でも、よく考えてください。

看護師の皆さんは、今まで多くの修羅場を乗り越えてきたはずです。

人の命を扱ったり、患者さんの話に耳を傾けたり、普段からチームで働く看護師さんならば、
普段、看護師として大切にしていることが、治験コーディネーターのお仕事でも同じなのです。

薬の知識が求められる仕事なので、勉強は必要になります。

もちろん、初めから一人でやるなんてことは無理ですが、CRCJOBは

元CRC経験者の転職エージェントが在籍しているので、

治験コーディネーターのお仕事について詳しく説明を聴くことができます。

あなたの転職へのアドバイスに、出し惜しみをしません。
力強いサポーター。

CRCJOBは、CRCに絞った転職支援会社。

CRCJOBは、転職後に「こんなはずじゃなかった」という思いをさせてはならない想いがあります。

元CRC(治験コーディネーター)経験者が、治験コーディネーター(CRC)の仕事のいいところ、悪いところ、
やりがいや大変なところを細かく、丁寧に説明します。

CRCJOBは、CRCに絞った転職支援会社だからこそ、できるサポートが徹底しています。

書類選考から、面接に進める書類の作成方法指導

職務履歴書もやみくもに書くのでは、成果がでません。
正しい書き方の指導を受けることで、内定を取ることが出来るのです。

CRCに特化しているからこそ、面接試験の対策も成果を出しているのです。

CRCJOBは、治験コーディネーターに絞った就職をあっせんしているからこそ、大手SMO企業
(試験実施機構管理機関)と信頼関係が深いです。

CRCJOBは、CRC(治験コーディネーター)のいいところだけではなく、大変なところや、苦労する点をはっきりと伝えます。
就職してから、こんなはずじゃなかったという思いをさせません。

実際にCRC(治験コーディネーター)に興味があっても、実際に話を聴いて納得されたのは、6割の看護師。
4割の看護師は、治験コーディネーター以外の就職を選択しました。

自信と実績があるからこそ、CRCJOBは、デメリットをはっきりつたえます。

仕事の内容の説明を丁寧に対応します。

ミスマッチの転職はあってはならないという想いから、転職を強要することはありません

持っているといいスキル

・臨床現場経験
・パソコンスキル
・ある程度の臨床経験(最低でも2年以上)
パソコンで資料をまとめることも多い仕事。
パソコンのスキルがあるに越したことはありません。

あなたの仕事がどんどん明るくなる

・夜勤などの仕事から解放されます。
・時間が決まった仕事なので、仕事はきちんとこなさなくてはなりませんが、プライベートは充実します。
・夜勤がなくても、お給料の平均は30万円。
・お給料は頑張り次第でアップも可能。
・ボーナスもでます。
・自分の頑張りが、お給料で評価されます。

まとめ

今の忙しくて、なかなかお給料では評価されない環境から、治験コーディネーターになると、お給料での
評価を受けることができるんですね。

人気の治験コーディネーターの仕事だからこそ、倍率を勝ち抜くためにもCRC応募専門の履歴書や職務経歴書の
指導や添削が欠かせないということなんですね。

CRCJOBは、そんなCRCに特化しているからこそ万全のフォロー体制があるのです。

バリバリ評価される環境に移るのか、受動的な仕事を選ぶのか。

変わらないお給料で働き続けるのか、という選択も自分次第ということですね。

とはいっても、自分にできるか自信がない。
仕事内容だけでも聞いてみたい。
少しでも興味のある方は、30秒の簡単入力で、転職の相談をしてみてください。

ここまで読んでくださったあなたは、治験コーディネーターとしての適性があります

人生、やりたいと思ったならば、自分で行動しないと何一つ改善しないものなんですよね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事を読んでくださったあなたが、素敵なお仕事に巡り合えますように。

≪マイナビ看護師≫治験ナビ



医療ミスをおこしてしまった看護師さんに知ってほしいこと