ベテラン看護師50歳Nさん胃が痛くなるほど悩んで転職!!

子供の子育てが一段落したので、看護師復帰しました。
独身時代の10年間は、看護師として働いていましたが、結婚を機に、退職して、専業主婦をしていました。

夫が体調を崩したので、看護師に復帰した

夫は公認会計士ということもあって、私は働かなくても、食べて行くことはできましたが、主人が体調を崩したのをきっかけに、働かざるを得ない環境になりました。
1人息子は、とても手がかかる子なので、もう少し一緒に、しっかりみてあげたいと思う気持ちも強かったのですが…

これからかかるだろう、子供の学費のことも考えると、働くことを選択せざるを得ませんでした。

約10年ぶりの就職は、家の近くの大学病院で、パートとして働き始めました。
外来に配属されました。

主任について、研修が始まりました。
私は、何でも、自分で納得しないと行動に移すことができないタイプ。
しっかり理解してからでないと、患者さんに迷惑になってしまいますし、医療ミスの原因になります。
今思えば、その主任さんも忙しい外来の中で、手いっぱいだったのかもしれません…

看護師には、妥協が必要なのか?

疑問があると、その場でしっかり解決しないと、次に進めない私に、イライラしていることは、よくわかっていました。
とても不愉快に感じられていたようでした。
私もいい大人なので、我慢していましたが…

先生の介助につく看護師としては、患者さんの情報は、しっかりとってから 介助に就かないといけません。
私が、患者さんの情報を収集しようと、カルテをチェックすると、主任さんはきつい口調で、カルテを勝手に触るのはやめて欲しいと言いました。

患者さんの情報を得ないまま、介助につくことは、私としては あり得なかったので、その主任さんと一緒の研修はやめてほしい、と師長さんにお願いしました。

少しの間、主任さんと離れて業務することが可能だったんですが、外来勤務は、ほぼ毎日同じ人達と顔を合わせます。
同じセクションでなくても、朝礼や、休憩室では顔を合わせることになります。

納得した上で行動しないと、困りますよね?
その都度、分からないことは明らかにしたい私を、よく思わない人たちもいました。
少しずつ、他の看護師さんからも、煙たがられているような、避けられているような気がしてきました。

休みの日でも、職場のことを考えると胃が痛い日々が続きました。

私がもっと、臨機応変に行動できれば良いのでしょうが、今まで培ってきたものを、急に変えるということはとても困難なことでした。

他の看護師が外来をうまく回している姿を見ても、私には 納得がいかないことが多くありました。

そんな時、主任さんと一緒に、同じ科の外来を受け持つことになりました。

私はいつもよりも機敏に動こうと努力していましたが、気持ちも焦るので、ミスを連発してしまいました。

だんだん忙しくなり、分からないこともあったので、主任さんに聞くと、私のペースを乱さないで!!!と大きな声で叱責されました。
患者さんのいる前で叱責されたことで、私のプライドは大きく傷つきました。

このような人が主任で働いている病院…

そんな病院で働くことに疑問を持ち、私は退職を決意しました。

自分に合うところで働けばいいことに、気が付いた。

自分に合った職場を見つけるために、どうしたらいいのか色々と考えました。
以前に、派遣会社からの紹介で、就職された看護師さんから、とても良かったということを聞いたので、私も利用してみることにしました。

てっきり紹介料がかかるかと思いましたが、費用も無料だったので、これは使わない手はないと思いました。

実際は、働いてみないと、どの様な病院かなんて、本当のところは分からないと思います。
ただ、何か困ったことがあったりした時は、派遣の業者さんを通じて就職先に交渉することができるので、私はとても助かりました。
派遣会社という後ろ盾があると何かと安心ですよね。
今は アットホームなクリニックで 常勤として働いています。

看護師と言っても、 大学病院から施設など、 看護師という同じ職業でも、やることや、要求されることは、全然違います。
私は、患者さんの思いに寄り添って援助できる環境に感謝して、楽しく働いています。
看護師も、いろいろな性格の人がいるので、自分にあった職場で働けばいいと思います。

これから、患者さんに色々な援助ができると思うと、毎日がワクワクで、あの憂鬱な日々が嘘のようです。
バタバタと、患者さんを流さなくてはいけない回さなくてはいけない外来よりも、ゆっくり患者さんに関われるほうが私には合っています。
それに、職場のひともとてもいい人ばかりで、びっくりしました。

あんなにプライドを傷つけられてまで働いて、得るものは何だったんでしょうか?
もっと早く、自分にあった職場を探せばよかったです。