クリニックは大奥?病院との違いに恐怖を感じたB看護師さんの転職

皆さんこんにちは。べにおです。

ママ看護師さんは、毎日忙しいですよね。

責任も大きい仕事。
家に帰ってからは子どもの世話、
夕食の準備やかたずけで、もうクタクタなんて方も多いのではないのでしょうか。

今日は、仕事が中心で、家族との時間が持てない悩みで転職されたBさんの体験談を紹介します。

Bさん37歳の一日

Bさんは37歳。病棟勤務の正看護師歴15年のベテランナース。
困っている患者さんがいると、ほっておくことが出来ない人情味あふれる看護師さんです。

営業マンのご主人と、5さいの保育園に通う男の子、小学2年生、小学3年生の女の子の5人暮らし。
保育園の朝の送りはご主人、迎えはBさんが担当しています。

Bさんの病棟での一日
5時30分        起床、食事の用意。
7時30分          小学生のお子さんを見送ると同時に職場に出発
8時15分~17時15分     業務
~18時30分        残業
18時40分          病院を後にして保育園、学童にお子さんのお迎え
19時20~        子供の世話
22時         子供就寝
23時         就寝

Bさんは、総合病院(内科病棟)で、日勤常勤(日勤だけの勤務)として働いていました。
内科病棟は、処置が多く、患者さんも多いので、定時で帰ることはなかなか出来ません。
日勤常勤のBさんは、お子さんが休みの日曜日も勤務のことが多いので、家族と過ごす時間があまり取れませんでした。

どんなに忙しくても、Bさんは保育園のお迎えがあるので、18時30分までには、仕事を切り上げなくてはなりませんが、
仕事が終わらないときは、保育園と学童に子どもたちを迎えに行ってから、病棟に戻ってくることもありました。

平日の休みは、委員会や、看護研究のために病院に行くことも多く、家庭のことは後回しになっていました。

 

ママナースは家庭でも忙しい

Bさんは、帰宅すると、急いで夕食の準備や子どもたちの宿題チェック、
明日の学校の準備の確認をします。

子供たちを寝かせるまでには、仕事以上に苦戦することもしばしば。

夕食を済ませて子供たちを寝かしつけると、Bさんもうっかり寝落ち・・・なんてこともあったそうです。
夜中に起きて、洗濯物を干したり、夕食のかたずけで手いっぱいでした。

仕事から帰ったご主人から、部屋が散らかっていることで、文句を言われると、
つい夫婦喧嘩になってしまうなんてこともありました。

ご主人から家が散らかっていると言われると、こんなに頑張っているのに理解してもらえないという悲しい気持ちと、
要領よくこなすことのできない自己嫌悪を感じました。

小学校3年生になると、子供も自立してきます。
これから子供たちと一緒に過ごせる時間はどのくらいなのかを
考えると、子供たちとの時間も大切にしたいという思いもあり、焦ってもいました。

小学校に入学すると、子供と過ごす時間の、9割が過ぎたといいます。

高学年になれば、お友達と遊ぶほうが楽しくなりますし、
中学生になれば部活動で、休みでも一緒に出掛けることも難しくなります。

Bさんのお子さんは、日曜日のために、Bさんと出かけるプランを立てたそうです。

プランは、みんなで買い物に行き、子どもたちが作ったお弁当を公園で食べるというもの。
公園にも連れて行ってあげることが出来ていないと思うと、もっと子供のために時間を使いたい!!!

今を逃したら、必ず後悔する・・・
こどもと一緒に過ごしたいとおもいながらも、ずっと封印してきた感情が抑えきれず、
決壊したダムのように、ドッ溢れ出てきました。
涙が止まらないBさんでした。

Bさんは、自分が想像していたよりも、子ども達は自分のことを大切に想ってくれていると感じました。

家族の時間を取り戻すために、本気で転職を考えました。

今までは、転職できない理由は沢山ありましたが、今回は違いました。
転職理由がはっきりしていたので、迷いがなかったそうです。

まずは、看護師の派遣会社に登録したBさん。

同時に、自分でも新聞広告で近くのクリニックの求人を探しました。
運よく、新聞広告に近くのクリニックの求人広告をみつけました。

クリニックの人間関係が狭くて怖い?

クリニックは、人間関係が大変とは聞いていましたが、
Bさんは、他の看護師や職員さんとは距離をもって関わるから大丈夫と過信していたそう。

クリニックに面接に行ったとき、Bさんに対して、院長先生、受付さんや看護師さんの対応は、
好感をもてませんでした。
「こんなものかな」と思い、妥協して転職を決めました。

結果から言うと、Bさんはこのクリニックを2ヵ月で退職しました。
その理由は、お局ナースからのいじめです。
お局ナースはクリニックの開院から働くナース。
お局ナースから嫌われると、口をきいてもらえないので、仕事にならなかったそうです。

他の職員さんたちも、お局ナースの悪いところも分かっていますが、狭い人間関係。
トラブルを起こしたくないようで、お局ナースに指摘するような人はいなかったそうです。

お局ナースが原因で退職する看護師も居たそうですが、クリニックの仕事を一番把握しているので、
他のスタッフはお局ナースに気を使いながら穏便に働いていました。

まるで、大奥のようにクリニックを仕切るお局ナース。
クリニックでは、スタッフの上下関係は就職した順番のことが多いようです。
お局ナースは、クリニックの開業から働いていたので、立場が強かったのでしょう。

院長先生は、スタッフ同志のもめごとには介入しない方針だったようです。
「他のスタッフとうまくやれないのならば、退職してほしい」
と言われたBさん。

このクリニックに失望して、退職を決めたそうです。

クリニックなら○○制のクリニックが狙いめ

Bさんは、元の総合病院の外来勤務も考えましたが、登録していた看護師の派遣会社から連絡が来ていたので
紹介してもらうことにしました。

正直、クリニックでの苦い経験をしたばかりだったので、クリニックの就職には消極的なBさんでした。
派遣会社から、条件のいいオススメのクリニックがあると紹介されたので、断り切れず、見学だけ行くことにしました。

紹介されたクリニックは、専門クリニック。
完全予約制のクリニックなので、残業がなく、子どもたちの迎えにも間に合うのが魅力。

クリニックは、予約制のクリニックがおすすめです。

専門クリニックは、資格や研修に参加するとお給料にブラスされるシステム。
普通のクリニックよりも、お給料も高額。
総合病院での日勤常勤のお給料とほぼ同額だそうです。

クリニックというと、院長先生の高齢の方で、ゆったりとしたイメージでしたが、全く違いました。
予約の時間通りに患者さんを案内しなくてはいけないので、忙しく働くBさんです。
院長先生も若く、活気のあるクリニックです。

Bさんは、クリニックで働くようになってから、患者さんの命を預かるというよりも、患者さんとのコミュニケーションや、
接遇の大切さを痛感しました。
今は、先輩スタッフから、接遇指導を受けているそうです。

クリニックの院長先生も、職員の方も前向で、愚痴やいじめがなくて快適に働いています。

日曜日は休みなので、職場に気兼ねなく、家族の時間を大切にすることが出来ています。
クリニック勤務なので、話し合いは勤務日に開催されますし、看護研究はありません。
休みは、自分の時間や溜まった家事に当てることができます。

家を片付ける時間と、心にゆとりがあるので、ご主人との口論もほとんどないそうです。

べにお
Bさん貴重な体験談をありがとうございました。
今回はいい就職先が見つかってよかったですね。
Bさん
はい。ありがとうございます。
はじめのクリニックでは残念な思いをしましたが、今の職場はとてもいい人達でホッとしました。
べにお
今回の職場は派遣会社を利用したようですが、いかがでしたが?
Bさん
今回の就職は、何かトラブルがあった時には、派遣会社さんに相談できるので、安心でした。
面接前に派遣会社さんと院長先生のお給料交渉で、お給料が増額されたのにはさすがプロだと思いました。
べにお
お給料交渉は特にクリニックでは個人交渉は難しいので、派遣会社を利用したからこその特典でしたね。
今回就職して、病院とクリニックの違いにがあれば教えてください。
Bさん
はい。病院とクリニックは180度違います。
病院は、患者さんの命を直接扱うことが多いので、精神的にプレッシャーがありますね。
クリニックは、院長先生によって全然違いますね。人間関係のトラブルが起きると、毎日顔を合わせなくてはいけないので辛いと思います。雰囲気もクリニックによって全然違います。やっぱり、何かあった時のために派遣会社を利用することをお勧めします。
べにお
確かに、クリニックは院長が社長ですし、少人数のスタッフだと人間関係も深くなりますね。
どの職場も人間関係は大切ですが、クリニックなど、人数の少ない職場は、特に人間関係が複雑になりやすい特徴があるようです。
これから転職をする方に向けてアドバイスがあればお願いします。
Bさん
転職をするときは、自分の希望をはっきり決めるといいです。例えば、家族との時間を増やすために休みは仕事をしないでいいところに就職!!って感じです。
私は、家族との時間を作りたいと思ったので、体に負担のないところを選びました。
お陰で、転職してから、体が楽になりました。
お給料は、思った以上に高かったので、予想外のラッキーな特典でした。
本当に派遣会社さんに感謝ですね。
べにお
Bさんありがとうございました。
Bさん
ありがとうございました。私の経験が他のママナースさんの役に立てるならうれしいです。

まとめ

Bさんは、家族との時間を大切にするための転職に成功しました。
1件目のクリニックは就職してから、人間関係のトラブルで退職。
2件目のクリニックは、看護師派遣会社を利用したので、クリニックの評判や待遇についても事前に教えてもらうことが出来ました。
何かあった時に、派遣会社に相談できるのはとても心強いですね。

どんな職場でも、パーフェクトを見つけることは難しいです。
でも、自分の希望をしっかり決めることで、クリニックや病院の違いがあっても転職に成功することが
できるのです。

今の職場よりも、自分の希望にあった職場で働きたい看護師さんは、
ぜひ看護師派遣会社に登録してくださいね。

いい職場に出会えるための近道は、複数の転職サイトに登録すること。
2つ以上の転職会社に登録することをお勧めします。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
この記事を読んでくだっさった皆さんが、どうかいい職場に出会えますように。

看護師求人ジョブメドレー


関東・関西エリアでの勤務をご希望の方