看護師やめたい~人間関係につらくなっての退職は転職に不利?

「看護師をやめたい」と思う理由の一つに「人間関係」によるものがあります。

インターネットで看護師の退職理由を調べてみると、結婚や妊娠、子育て、業務の大変さ、変則勤務による体調不良など様々なものがありますが、根底にある理由は「人間関係」ではないのかと思っています。

確かに看護師の業務は大変ですし、夜勤を含めた勤務形態では体調を崩すことも少なくありません。
そのような激務のなかで現場の関係性もぎくしゃくすることがありますし、それが発端となって「やめたい」と思うことは多いと思います。

人間関係のいい職場で働くことが理想だと思いますが、どこで働いても自分に合わない性格の人がいる可能性はあります。理想の職場を探すために転職し続けることは果たしていいことなのでしょうか。

転職が多くなると就職が不利になることも

看護師はどこも人手不足ですから、看護師資格があり看護師としての経験があるのならば、必ず働くことのできる職場はあります。

とはいえ、転職が多くなってくると、採用に影響を受けることも少なくありません。そうなると病院によっては採用されないということもありうるのです。

採用側の心理から考えてみると、短期間に何度も転職しているのであれば、「仕事上で根気がない」と判断されてしまい、「またすぐに退職してしまうだろう」と考えることは自然だと思います。

また退職の理由に「職場の不満」「人間関係」を挙げるのであれば、「すぐに職場や人のせいにして退職してしまう人」とレッテルを張られてしまうことにもなりかねません。

退職理由を「職場の不満」「人間関係」にしてはいけない
看護師として働き続けていると、不満はたくさん湧き出てくるものです。

病棟では嫌な上司がいるかもしれませんし、理不尽なことをいってくる患者さん、医師のもの言いなど、つらいと感じる場面はたくさんありますし、やめたいと思うことはたくさんあります。

しかしそこにこだわり続けてしまうと転職を不利にしてしまいますので、退職理由は「ポジティブな理由」にすることをおすすめします。
転職徹底サポートの看護師派遣会社はこちら

これはもちろん転職の対策でもあるのですが、いい生き方につながるものです。

職場や人のせいで退職するのではなく、「新しいことにチャレンジしたい」「さらにステップアップしたい」と思うようにしてください。

きっと新しい人生が開けてくるでしょう。

ステップアップやスキルアップできる職場が「人間関係のいい職場」である理由

人間関係につらくなって退職を決意した人であれば、次こそは関係のよい職場で働きたいと思います。

どのようにすれば人間関係のいい職場で働くことができるのかお伝えします。

看護師としてやりがいを持って働くことができる職場が人間関係のいい職場であるといえます。

看護師としてのスキルを高めるためには、自分自身の努力や取り組みだけではなく、その病院の協力やバックアップが必要となります。

法人自体が人材育成に取り組んでいないことには、看護師のスキルを高めることは不可能です。

もしも法人で人材育成に取り組んでいるのなら、看護師のことを第一に考えているはずです。

そのような職場では看護師みんなが協力して働くようになり、必然的に人間関係が良くなってくるのです。

まとめ

看護師として働いていると、どうしてもやめたくなる瞬間はあるものです。

もし退職しなければならないような場合においても、前向きに受け止めて、新しい転職先で希望を見つけることができるようにしていただきたいと考えます。



「今よりも気楽なところで働きたい」と考えるかもしれませんが、自分自身がやりがいを持って働くことができなければまた辞めることになってしまいます。

私たちは「承認欲求」というものを必ず持っています。

人から認めてもらうには自分自身がやりがいを感じて働くしかありません。

そのように自覚して転職をするのであれば、必ずいい転職になることでしょう。
転職ボーナスがもらえる無料看護師転職サイトはこちら↓↓