看護師が辛い~やめたいと思った時にやめたほうがいい理由とは

看護師を続けていると、「やめたい」と思う瞬間は幾度となくやってきます。
もちろんその「やめたい」と思う瞬間すべてで退職するわけにはいきませんが、「もうダメ」と思うこともあるかと思います。

悩んだ挙句に退職する人もいれば、思い立ったらすぐに退職してしまう人もいるでしょうけど、どうせ退職するのならばステップアップできる辞め方が一番いいでしょう。

ここではどのような理由であれば退職してもいいのか、してはならないのかお伝えしていきたいと思います。

看護師をやめたい理由で多いのは、「人間関係」「職場の不満」「業務が辛い」

看護師を続けていると一度や二度はやめたいと思うものですが、やめたいと思う理由は「人間関係」「職場の不満」「業務が辛い」に当てはまることが圧倒的です。
看護師を長く続けている人であっても、退職を考えることになった理由ではないでしょうか。

「人間関係」については、毎日現場で顔を合わせますから、仕事に打ち込むことができずに嫌な気分で働き続けなくてはならない可能性もあります。

「職場の不満」「業務が辛い」はセットになることが多いと思います。「業務が辛い」という理由だけでやめたくなるというものではなく、「業務が辛いのに、職場が人手不足を補ってくれない」「サービス残業が多い」などと「職場への不満」が蓄積するなかで沸き起こってくる感情であるといえます。

看護師をやめたいと思ったときに辞めてはいけないタイミングとは

どうしてもその職場が自分に合わないということはありますし、考え方によってはその職場にしがみついている必要などまったくありません。

しかしどうせ退職して別の病院に移るのであれば、いいタイミングで退職していただきたいと考えます。

特に「自分自身が看護師として戦力にならない」「知識や技術面でスキルアップできていない」という状況であれば、次につなげる退職の仕方という面において不安が残ります。

もちろん理由によっては辞めざるを得ない場合もありますが、このような状況にあてはまるのであれば、しっかりと考えて退職するようにしなければなりません。

看護師をやめたいと思ったときに辞めていいタイミングとは

ではどんなときであれば退職していいタイミングなのでしょう。


抽象的ないい方をしますと、「希望に満ち溢れている退職」であれば、いいタイミングであるといえます。

具体的にいいますと、「退職してステップアップできる」「目標や目的がある」ということがいえるでしょうか。
例えば、今までの病院では学べなかったものを学ぶために別の病院に転職する場合やさらに奥深く学ぶために専門的に学べる病院に転職する場合などがいえます。

転職先の自分自身のイメージが明確に描けるのならば、転職を成功させることができるのではないでしょうか。

まとめ

看護師を続けていると「辛い」と思う瞬間は幾度となくやってきます。ですので、その度に退職することなんてできません。

ここでは辞めていいタイミング、辞めてはいけないタイミングをお伝えしましたが、転職するのであれば職員を大事にしてくれる病院やクリニックを選びましょう。

職員を大事にしてくれる職場とは、職員を尊重し成長させてくれるところです。
ある意味、患者様よりも職員を大事にしてくれるところを探すべきで、職員を大事にしているところであればいい看護ができますので、患者様への対応も行き届いているのです。

せっかく苦労して取得した看護師資格ですから、これからも活かせるようにしてくださいね。

看護師の資格を有効に生かす看護師派遣会社登録はこちらから