看護師やめたい3年目の理由とは~新人看護師の教育ができない!

看護師になってようやく3年目。酸いも甘いも分かるようになってくるころではないでしょうか。

自分自身が行う看護業務については、苦手な業務はあるにしても問題なくできるでしょうし、先輩職員と同じようにテキパキとこなすことだってできるようになったでしょう。

少々大変な患者様だって何とか対処でき、自分の仕事に自信を持てるようになるころだと思います。

さてこの時期の看護師でやめたいと思う大きな理由は、「新人看護師の教育」。

自分ができることを人に教えることって、とても難しいことがこの時期に分かります。

3年目の看護師によくある心境は

3年目になると、いよいよ新人看護師の教育係となります。

今までなら困ったときには先輩がいてくれる、先輩の厳しい目線は後輩に注がれる、ということで「のほほん」としていた人もまた先輩からの厳しい目線を感じるようになるのです。

ここで2年間頑張ってスキルアップを目指してきた看護師と、そうでない看護師との差が歴然となります。当然ながら新人教育においてもその差がはっきりと出るようになります。

特に現在の病院では、プリセプター制度によって教育しているところが増えていますので、新人看護師の動きが悪いと、すぐさま担当の看護師に目を向けられてしまうのです。

特に2年目にのほほんとしていた看護師であれば、自身の看護技術のなさを痛感し、「やめたい」と感じてしまうようになります。

3年目の退職での注意点

3年目になると、自分自身の看護技術も上がってきますので「もっと給料がほしい」「違う看護業務がしたい」「人間関係が嫌だ」とさまざまな不満も出るようになります。

勤務している病院内部のこともよくわかっていると思いますので、このまま勤務し続けて自分自身を高めていくことができるのか、などと悩む時期であるようにも思います。

この時期での退職を検討する際には、もう一度自分自身のスキルを見直すようにしましょう。

自分自身の看護師として方向性を定めることができなければ、これからの成長を妨げてしまう転職となってしまうことも考えられるからです。

不満があって辞めてしまうのであれば、次の職場でもまた同じような悩みを持ってしまうことになるかもしれません。

本当にそれが職場のせいなのか、あるいは自分のスキル不足なのか見定めておかねばなりません。

さらに看護師を続けるためには

冒頭にも申しましたが、3年目になると新人看護師の教育係になることが多くなります。ある意味、2倍働かねばなりませんしとても大変です。また感覚的にしている日々の業務も論理的に説明できるようにならなければなりません。

でも、覚えの悪い新人看護師も当然ながらいるでしょうし、手を焼くことも多いかもしれません。

しかしそれを環境のせいにするのか、あるいは自分のスキル不足と捉えるのかによって、今後の看護師として方向性が決まってくるのです。

もう一度看護の基本から勉強しなおすことも一つですし、新たにコミュニケーション能力を磨くことも大事になるでしょう。

そのような中で、自分自身の方向性が少しずつ見えてくるのではないでしょうか。

まとめ

5年、10年と看護師を続けていくなかで昔の自分を振り返ってみると、「あの経験があったからいまの自分がある」と思う場面がいくつもよみがえります。

その中には、新人看護師への教育を初めて担当したこともあります。

自分自身の業務が精いっぱいで、その中での新人教育でしたが、あの経験があったからこそ余裕をもって業務につけるようになったのだと思っています。

その時の立場が人を成長させてくれるものです。新人看護師の教育はそのための試練だとしたら、楽しんで取り組めるのではないでしょうか。