いきなりステーキおすすめメニュー。外食の糖質制限と危険な落とし穴

みなさんこんにちは!!糖尿病療養指導師、看護師長のべにおです。

暑い季節になると、お肉をガッツリ食べたーーーい!!!
なんて気分になりませんか???

疲れているときは、スタミナをつけて、暑さを乗り越えたいですよね。
でも、外食って、カロリーが高かったり、糖質が多くて、血糖値が心配な方には悩みの種では
ないでしょうか???

今回は、患者さんがよく間違える落とし穴について紹介させていただきます。

いきなりステーキおすすめ裏メニュー

テレビをつけると○○店の裏メニューなんて特集をやっていることがありませんか。
みんなとはちょっと違う、プレミアム感がたまりませんよね(#^^#)
外食業界は、低糖質のメニューに力を注ぐようになりました。

いきなりステーキも低糖質制限の対応をしています。

トッピングコーン交換の落とし穴

ステーキのトッピングのコーンをブロッコリーや、インゲンに交換してくれるサービス。
ご存じの方も多いと思います。

ところで血糖値が気になる皆さんは、コーンからトッピングは何に変更されますか。

ブロッコリーとインゲンでは、糖質の量が違うことをご存じですか?

ブロッコリーは、野菜の仲間に分類されますが、
インゲン豆の場合は、炭水化物(糖質が多く含まれる)の分類に分けられます。

ふだん野菜と呼ばれるものにも、糖質が入っていることがあります。

メニューの表記では、インゲン豆ではなく、インゲンと表記されていますが、
血糖値や糖質制限に関心があるのならば、ブロッコリーが断然オススメ。

ブロッコリーは、糖質ブームのひきつけやくになったライザップも率先して食べることをすすめて
いる食品なんです。

ブロッコリーの魅力

・アンチエイジング効果
ビタミンCが豊富に含まれているので、美肌はもちろん、免疫力向上やストレス軽減など、美容と健康
に期待できる効果があると言えます。

・食物繊維
便秘に効果的な不溶性食物繊維が多く含まれているので、糖尿病の予防や、高血圧の改善がわかっています。

・スルフォラファン
少量でもがん予防、花粉症やメタボ予防が期待できるいま話題の栄養素。
スルフォラファンの抗酸化作用がスルフォラファン自信にも間接的に働いています。

スルフォラファンの働き

・スルフォラファンは、他のビタミンとは大きく違う点があります。
ビタミンCは数時間で効果が消えてしまいますが、スルフォラファンの効果は3日間。
糖尿病患者さんは、大腸がんの発生が増加するという統計がありますが、ブロッコリーで
解毒作用(がん予防)できるとしたらとても嬉しいですね。

残念ながら、ビタミンなので、熱に弱いことが知られています。

べにお
熱を加えてしまうと、ビタミンも壊れてしまうので、
熱を加えないフリーズドライ製法を採用した青汁等で摂るのが望ましいようです。

ブロッコリーの入った青汁が、あるようでなかなか探すことができませんでしたが・・・
発見出来たので、最後に紹介しますね。

いきなりステーキオススメ部位は?

低糖質や、血糖のことを考えるとオススメは、ヒレ
ステーキと言ったらやはり脂身!!という方が多数派かもしれませんが・・・
脂身は、やはり、カロリーが高いのです。
カロリーが高いと肝臓に脂肪が付きます。
肝臓に脂肪がつくと、糖の代謝が落ちるので、
自然と血糖値が上昇します。

簡単に言えば、体重が増えると、血糖値は増えやすいのです。

少し話がそれてしまいました。

いきなりステーキは、直営店舗では、付け合わせのコーンをブロッコリーやインゲン
への変更が可能になっています。

ライスの大盛り食べてしまったら、糖質制限にはなりませんので、お気を付けくださいね。

まとめ

いきなりステーキのように、外食でも糖質制限の対応のお店が増えてきたことは、
血糖値が気になる方にとってはとても嬉しいことですね。
しかし、過度な糖質制限は、かえって血糖値や、糖尿病を進行させてしまうことも
あるのです。
ぜひ、バランスの良い食事を心がけてほしいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ブロッコリーが入った青汁なかなか探すことが出来ませんでしたが、発見したので紹介します!!!
スルフォラファンを効果的に取り入れたいかたや、外食が続いて野菜不足と感じている方
1日分の不足を補うことができる100%国産青汁です。
忙しくて、なかなか野菜が摂れないかたにお勧めです。
ブロッコリー入り看護師おすすめの青汁はこちらから